日印産連  第1回「地域おこしめっせ2017」を9月大阪で開催
2017年07月21日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は印刷産業の地域連携事業の取り組みの一環として、第1回「地域おこしめっせ2017~地域ブランドを掘り起こす印刷会社と仲間たち~」を9月大阪で開催する。地域おこしめっせでは、①地域資源の掘り起こしに向けた業界を超えた(産官学)事業連携の推進、②地域資源情報の多様な活用に向けた知財ソリューションサービスの促進、③業界内情報ネットワークの強化をベースとした地域おこし情報の共有化・アーカイブ化を目的としている。
 「地域おこしめっせ2017」は、具体的な地域ブランド戦略をしっかりと把握し、今後の事業拡大に向けた的確なヒントを得るために、シンポジウム、展示会、ワークショップ・セミナーを開催する。
 プレイベントとして、9月15日午後2時から午後4時40分まで、太閤園ゴールデンホール(西)で講師に生越由美東京理科大学大学院MIP教授を講師に迎え『印刷産業の地域ブランド戦略~地域資源を掘り起こし活用するために~』をテーマに基調講演に続き、生越教授をはじめ、西原幸太郎第一印刷社長、秋山秀一兵庫県立大学大学院准教授、山本小百合凸版印刷関西TIC、大門一平秋田製本社長がパネラーとなり、『印刷が仕掛ける地域連携ブランド戦略~地域非元を掘り起こす新たな展開~』をテーマにパネルディスカッションを行う。午後5時から午後7時までレセプションが行われる。(会費3,000円・税込)
 9月27日から30日まで、大阪国際交流センターで展示会とワークショップセミナーが開催される。いずれも無料。現在、展示会への出展社を募集している(締め切りは7月31日)。展示会は、①地域連携ゾーン、②地域ブランドゾーン、③インバウンドゾーン、④市民交流ゾーン、⑤知財ゾーンの5つのゾーンに展示内容を分類し展示する(約25社)。
 ワークショップ・セミナーでは、『文の里商店街デザインポスタープロジェクト』、『外国人観光客が従来の商売を劇的に変える』、『ポップカルチャーで印刷会社のインバウンドビジネスを強力にサポート』等用意されている。
 問い合わせは、日本印刷産業連合会「地域おこしめっせ」事務局、電話03-3553-6051まで。