日印産連 第44回GP認定委員会 新規3工場、8製品を認定
2017年06月23日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は、平成29年6月19日開催の第44回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規3工場と更新15工場、合わせて18工場を認定した。その結果、現在活動中のGP認定工場は全371工場となった。
 また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、4社8製品(洗浄剤7製品、含浸型洗浄布1製品)を認定した。これで、平成29年度の認定登録製品は618製品となった。
 なお、新規3工場のGP工場認定式は、平成29年7月25日(火)14時~16時30分に日本印刷会館大会議室(東京都中央区)で開催する第31回GP工場交流会において執り行う。

 第44回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。
【新規認定工場】
▽オフセット・錦明印刷 富士見事業部(埼玉県鶴ヶ島市)印刷工業会
▽オフセット・アインズ 本社工場(滋賀県蒲生郡)全日本印刷工業組合連合会
▽グラビア・カスタムグラビア 本社工場(福岡県福岡市)全国グラビア協同組合連合会

【新規GP資機材認定製品】
▽洗浄剤:ウエノ1製品、東洋インキ5製品、環境技術研究所1製品
▽含浸型洗浄布:ニッカ1製品