大日本印刷と郵船ロジスティクスが輸送サービスで協業、国際定温輸送ソリューションを提供
2017年06月16日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)と郵船ロジスティクス(東京都港区 、水島健二社長)は、温度管理が必要な貨物における定温での国際輸送を可能とするDNP多機能断熱ボックスに関する共同研究を重ね、あらゆる輸送形態に活用できるサービスを構築した。お客様に、両社の強みを生かした最適な定温輸送ソリューションを提供する。
温度管理が必要な貨物を国際一貫輸送する際には、それぞれの輸送日数に応じた保冷梱包や冷蔵・冷凍専用のトラック・コンテナの手配が必要になる。この場合、到着地で梱包資材の開梱作業および資材の廃棄処理が必要になることや、冷蔵・冷凍専用のトラック・コンテナの利用により、輸送費用が高額になることなどが課題となっていた。このような課題の解決に向けてDNPは、真空断熱パネル*の特性に着目し、定温輸送に適したDNP多機能断熱ボックスの開発を進めてきた。2015年からは、国際物流に強みを持つ郵船ロジスティクスと共同で、お客様の要望を反映した製品の開発に取り組んできた。
*真空断熱パネル:グラスウールやウレタン等の断熱材を高いバリア性を持つフィルムで包装し、真空状態で封止したパネル。通常の断熱材に比べて20分の1の薄さで同等の断熱が可能。

<DNP多機能断熱ボックスの特長>
DNP多機能断熱ボックスは、特殊技術を用いた真空断熱パネルを使用することによって、電源を用いることなく、優れた断熱性や気密性を確保しているため、さまざまな輸送用途にも適した設計となっている。また、内部温度を測定する温度計を標準装備しているため温度管理も可能で、特に定温輸送に適している。



DNP多機能断熱ボックスのさまざまな機能

 ボックス内に保冷材を入れることで、商品や輸送時間に適した冷蔵定温輸送も可能になる。輸送環境温度や輸送時間において商品が入るボックス内の温度変化のシミュレーションが可能で、保冷材の使用量を最適化(削減)する。



<輸送提案事例>
これまで陸上輸送では、冷蔵で輸送する貨物量が少ない場合でも冷蔵トラックを1台チャーターする必要があった。この様な場合、DNP多機能断熱ボックスを使用すれば保冷状態を保てるため、常温貨物を運ぶ一般トラックに混載して輸送することが可能となる。また、冷蔵トラックの保有台数が少ない東南アジア地域などで、国境をまたがって貨物輸送を行なう“クロスボーダー輸送”への活用も検討している。
海上輸送でドライコンテナに積載する際、コンテナ内は高温度の環境下で輸送されることもある。このような高温状態を避けるには、内部を一定温度に保つ機器が備わったリーファーコンテナなどを利用していたが、DNP多機能断熱ボックスを使用することで、設定温度の範囲を保った上でドライコンテナに積載して輸送することができる。
航空輸送において温度管理を行う場合、梱包毎に保冷用資材を同梱して“Keep Cool”扱いとして輸送していた。一方、DNP多機能断熱ボックスを使用することで、一般貨物同様の輸送が可能となり、納入後はボックスを回収してリターナブル使用することで、保冷用資材の削減も可能となる上、環境にも配慮した運用ができる。
陸海空それぞれの輸送においてDNP多機能断熱ボックスを活用することで高品質を維持した上で輸送効率向上による全体最適化が見込める。
<ターゲットとする貨物>
○冷蔵管理を必要とする青果物、加工食品、酒類など
○定温管理を必要とする医療・医薬品、化学品、工業製品など

<今後の展開>
DNPの持つ製造技術、ボックス内の温度シミュレーション技術と郵船ロジスティクスの持つグローバルな物流ネットワークを駆使して、お客様に最適な物流ソリューションを提供し、サプライチェーン・ロジスティクスの効率化に貢献する。また、今後も新たな物流ソリューションの提供を目指して、両社のノウハウや技術を活用した共同研究を続けていく。