凸版印刷 映画「花戦さ」のロケ地などを紹介するコンテンツの配信を開始
2017年06月01日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、「何度も旅したくなる日本」の実現をコンセプトとする「旅道(たびどう)プロジェクト」を展開。その中核として、旅先での動画配信や自動音声翻訳が可能な観光ガイドアプリ「旅道-TABIDO-」(以下 旅道アプリ)を提供している。
 このたび、凸版印刷は旅道アプリを用いて、文化庁がタイアップする映画「花戦さ(はないくさ)」(公開日:2017年6月3日)のロケ地や撮影内容を紹介するコンテンツの配信を2017年6月1日より開始する。

 旅道アプリは全国約3万ヶ所の観光情報を配信している。今回新たに映画「花戦さ」のロケ地14ヶ所を紹介するコンテンツを配信。利用者は旅道アプリをスマートフォンにダウンロードすることで、ロケ地の解説文や「花戦さ」の予告動画を閲覧できる。また、位置情報と連動したナビゲーションにより、ロケ地巡りが可能。「花戦さ」にまつわる日本文化をより身近に感じることができる。

 凸版印刷はこれまで、観光コンテンツ配信基盤「旅道プラットフォーム」を核とした多言語コンテンツ開発や、旅道アプリでの観光支援、翻訳関連ソリューションによる受入環境整備、観光施策最適化に向けたインバウンドコンサルティングまで、地方創生に向けた観光地域づくりやインバウンドビジネスをトータルに支援してきた。

 今回、「花戦さ」のテーマとなっている華道など日本の生活文化は、歴史や風土の中で受け継がれ、広く人々に親しまれている。さらに多くの人々が日本の生活文化をより身近なものとして感じ、体験できる機会の創出が求められている。
 凸版印刷は、「旅道プラットフォーム」で日本文化を発信してきたノウハウと、「旅道」コンセプトに基づくコンテンツ開発力を用いて、旅道アプリで「花戦さ」の世界を体験できるコンテンツを制作。「花戦さ」のロケ地巡りを通じ、より多くの方々が「花戦さ」のテーマである華道や茶道などに触れ、生活文化がより身近なものになるよう支援していく。

■ 発信コンテンツ
・「花戦さ」のロケ地14ヶ所を解説
「花戦さ」ロケ地14ヶ所の解説を通して、「花戦さ」にまつわる日本文化に触れることができる。
・ロケ地へのナビゲーション
位置情報と連動し、現在地からロケ地までのルート案内および周辺情報を提供する。
・「花戦さ」の予告コンテンツを配信
旅道アプリ内で、「花戦さ」の予告動画やあらすじを閲覧することができる。

<映画「花戦さ」について>
・ストーリー
 十六世紀。戦乱に荒れ果てた京の都に、花を生けることで世の平穏を祈り、人々に生きる希望を与えんとする、「池坊」と呼ばれる僧侶たちがいた。やがて織田信長による天下統一を前に、戦国の世も終わりを告げようとする頃、「池坊」の中でもその生ける花がひときわ異彩を放つ池坊専好は、信長の所望で、「大砂物」なる大がかりな生け花を披露するため、岐阜城へと向かう。
 そこで専好は、千利休という不思議な男に出会うが、巨大な松を中央に据えた大砂物は思わぬ失態を招き、信長の怒りを買う。しかしそのとき、軽妙に事態を取り繕い、専好を救ったのは、信長に仕える若き武将、木下藤吉郎だった。
 それから十二年。信長は本能寺の変によってすでにこの世を去り、天下はかつての木下藤吉郎、豊臣秀吉の手に委ねられていた。
 期せずして池坊の執行となった専好だが、その立場ゆえに、迷いながらも自らの奔放な「花」を封印していた。そんなある日、今は豊臣秀吉の茶頭に登りつめた利休と再会する。
 二人はしだいに心を通わせ、いつしか真の友として、互いが目指す「美」の世界を高め合う関係となっていく。専好は利休によって、自らが求める「花」の心をようやくつかみ始めるのだった。
 しかしやがて悲劇が訪れる。天下を握ってから人が変わったように驕り高ぶる秀吉に対し、諌めるように自らの茶を貫き通そうとした利休が、その頑なさゆえに、秀吉に命じられ、自害に至ったのだ。
 打ちのめされる専好。さらに悲劇は続いた。秀吉の乱心は嵩じ、罪もない街の者たちまでが、次々と命を奪われていく。
 ついに専好は立ち上がった。時の最高権力者太閤秀吉に戦いを挑む専好。かけがえのない友、利休の仇討のため、彼が手に取ったのは、刃(やいば)ではなく「花」だった。それこそが、専好にしか成しえない「戦さ」であった。

・出演 野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市
高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川葵 吉田栄作 竹下景子
・脚本 森下佳子
・音楽 久石 譲
・監督 篠原哲雄
(原作 鬼塚 忠「花戦さ」(角川文庫刊))