トッパン・フォームズ ロケーション管理用IC タグを開発 、ヤード内車両管理で運用開始
2017年04月05日
トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)は、新車ヤードなどの広大な敷地における車両位置特定のため、長距離通信可能かつ高耐久性を持つロケーション管理用IC タグを開発、トヨタ自動車流通情報改善部に採用された。
同製品は各駐車スペースの位置情報をIC チップのメモリー内に格納し、アスファルト上に設置される。そのため車両が密集していても簡便に読み取り可能な長距離通信性能や雨水や車両による踏み付けでも壊れない高耐久性を必要とする。しかし従来のIC タグではアスファルトに含まれる金属成分により通信距離が減衰、さらに雨水や車両での踏み付けにより通信不良の不具合が生じていた。
同製品は同社がこれまでに培ったアンテナ設計技術により、アスファルト上で約1.2mの長距離通信を実現。また独自の内部構造 により、雨水の含浸や荷重に対する耐久性を大幅に向上している。

【特長】
1. アスファルト・コンクリート上で約1.2mの長距離通信が可能
2. 雨水、車両による踏みつけに耐える高耐久性
3. 開発から製造・検査まで一貫したプロセスを国内で実施

これまで自動車メーカーでは車両を一時保管している広大なヤードの中から目的の車両を探し出すのに多大な時間と労力が必要となっており、車両ロケーションを管理したいという要望が高まっていた。同社ではそれらの要望に応えるべく同製品を開発した。


ロケーション管理用IC タグ使用例

トッパンフォームズは、自動車業界を中心にUHF 帯IC タグの利用検討している企業に向けて販売、2017 年度までに1 億円の売り上げを見込む。