大日本印刷 決済サービスをゆうちょ銀行のプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」に提供
2017年01月27日
大日本印刷(DNP)は、2017年1月23日(月)よりゆうちょ銀行および日本郵便が仙台市・熊本市で発行を開始した地域版Visaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」(運営受託:クレディセゾン)において、DNPの決済サービスを提供した。




mijica(ミヂカ)券面デザイン 仙台版(上)と熊本版(下)

「mijica」は、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを持つ12歳以上の預金者(小学生を除く)であれば、誰でも利用可能で、ネット通販を含む国内外の約4000万店以上のVISA加盟店での買い物に、24時間365日利用できる国際ブランドプリペイドカード。
銀行口座からチャージしたい時に使用する「今すぐチャージ」と、指定した金額を指定した日にチャージする「指定日チャージ」などのチャージ方法をご利用いただくことができる。
仙台市・熊本市の「mijica」取扱郵便局・ゆうちょ銀行で申し込める。

【「国際ブランドプリペイド」の決済サービスについて】
今回提供したサービスは、DNPの「国際ブランドプリペイド」決済サービスの導入・運用に必要なカード番号管理、顧客管理、売上・残高管理などの基本機能に、「mijica」向けにカスタマイズした機能を組み合わせ、クラウドサービスとして構築した。
主な特徴は以下の通り。
・ 銀行口座から直接チャージできる振替機能を実装する。チャージしたい時に使用する「オンライン口座振替」と、指定した金額を指定した日にチャージする「口座自動振替」の双方に対応した。
・ 口座情報や取引状況などを、必要に応じて外部のシステムと接続できるAPI(Application Programming Interface)を実装している。
・ VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドの加盟店でプリペイドカードの使用が可能。
・ 同サービスはPCI-DSS*1に準拠した高セキュリティ環境で運用する。

DNPは、今回の決済サービスの提供を通じて、ゆうちょ銀行が取り組む地域経済活性化を支援するとともに、銀行業務の効率化とサービスの向上、生活者の利便性の向上につなげ、キャッシュレス決済の促進に貢献する。また、国際ブランドプリペイドの各種サービスのほか、プリペイドカードの製造・発行、認証サービス、関連業務のBPO(Business Process Outsourcing)やマーケティング支援などのサービスを拡充する。