共同印刷 「第3 回インターフェックス大阪- 医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展 -」に出展
2017年01月26日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、2 月15 日(水)から17 日(金)までの3 日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「第3 回インターフェックス大阪- 医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展 -」に出展する。(2号館6-5)
同展示会は、医薬・化粧品などを製造・研究開発するための技術や機器、システムが一堂に会する製薬・化粧品の専門技術展。同社は、医薬品分野で採用が進む湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ」や非吸着性・保香性・ガスバリア性とヒートシール性を両立した「ノンキャッチ」などの高機能フィルム、キュービック型の中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ 」、ロール原反から製袋・充填までの工程をワンユニットで行う液体・粘体用小袋「T パウチ・ショット」、各種ラミネートチューブなどの各種パッケージを出品する。独自技術で開発した製品の数々を手に取って見ることができる。

【主な出展内容】
・湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ」
・薬効や香りを逃さない機能性材料「ノンキャッチ」
・アウトガス吸収フィルム「オージーキャッチ」
・酸素吸収フィルム「オキシキャッチ」
・非接触型 帯電防止フィルム「エレノット」
・中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ」
・ワンユニット生産の液体・粘体用小袋「T パウチ・ショット」
・医薬品用スタンディング2 室袋「DUPLEX ONE (デュープレックスワン)」
・バリア性とデザイン性をあわせ持つ「フルプリントラミネートチューブ」
・硫化水素ガス吸収フィルム(参考出展) ほか

※ 都合により変更になる場合がある。
※ 「T パウチ・ショット」は、オリヒロの使用許諾を得て販売している。