大日本印刷 LEDを搭載した薄型屋外サイネージを2月1日から発売
2017年01月24日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、屋外用デジタルサイネージに液晶ディスプレーの他にLEDによる文字情報の表示が可能な薄型サイネージ「DNP LED搭載薄型屋外サイネージ」を開発し、2017年2月1日から発売する。公共性の高い駅や屋外施設などで、液晶ディスプレーによる映像などの美しい表現と、緊急情報などの文字情報の双方を1台で発信することができるようになる。
近年、増加している訪日外国人向けにさまざまな情報を多言語で提供するインバウンドツールとしての利用など、屋外に設置するデジタルサイネージの需要は拡大する見込み。これまでもDNPは屋外用サイネージの開発を行ってきたが、遠くから見た際に液晶表示だけでは訴求が低いという課題があった。また設置場所を考慮して機器をスリムにしてほしいという要望もあった。それらの課題に対応すべく今回開発した製品は、液晶ディスプレーに加えLED表示部とスピーカーを搭載することで、より多くの人々へ情報を発信できるように改善し、かつ筐体の厚みを13cmとし、従来製品より当社比で約35%のスリム化を実現した。

【「DNP LED搭載薄型屋外サイネージ」 の特長】
1.筐体のスリム化
スリム化する際の課題であったエアコン部の厚みを薄型化することで、筐体の厚みで13cmを実現した。
(当社従来製品と比較し約35%スリム化)
2.液晶表示部はinfoverreRを採用
55型液晶表示は保護ガラスとディスプレーの直接貼合により、外光の反射を抑え、映り込みを低減した。
これにより画質が向上し、1400cd/平方メートルの輝度で2500cd/平方メートル相当のコントラストを実現している。
3.LEDによるアイキャッチ効果 
高輝度LED表示なので視認性が高く、遠いところからでも文字情報が見える。
4.音声案内
音声によるお知らせや案内告知も可能。
5.遠隔操作によるコンテンツ更新
液晶ディスプレーとLEDで表示される情報は、「DNPサイネージ配信管理
システムSmartSignageR」による管理が可能。
番組設定、配信時間の設定等は遠隔から操作できる。(別途通信環境が必要)



【販売価格】
機器本体 (税抜価格) 400万円~
※ 設置工事費・コンテンツ作成費・「DNPサイネージ配信管理システムSmartSignageR」費用は別途必要。

【今後の展開】
DNPは屋外サイネージの需要に応じて本製品の販売を行っていく。
防災・防犯など安全で安心な社会インフラとして屋外での情報発信が求められている中、屋外用サイネージの需要が高まっており、同製品は人々の多く集まる場所である公共施設、観光地、駅やバス停等の屋外で活用することで非常時はもちろん通常時に、必要な情報を多くの人々に発信することが可能になる。
同製品の販売(関連ビジネスを含む)で、2020年度までに8億円の売上げを目指す。
なおDNPは、2017年2月1日(水)~3日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「インバウンドビジネス総合展2017」内のDNPブースに同製品を出展する。