凸版印刷 使用後の解体が容易な口栓付き紙パック容器で「トルキャップ」を開発
2016年11月29日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、使用後の解体が容易な口栓付き紙パック容器「EP-PAK(イーピーパック)オルカット(以下 オルカット)」で、簡単に分離できる口栓の新製品「トルキャップ」を開発した。飲料や酒類業界向けに、2017年3月より販売を開始する。
 「オルカット」は、凸版印刷が開発した口栓付き紙パック「EP-PAK」で、頭部下のミシン目に沿って前後に折り曲げて手で引き裂くだけで、簡単に分別できる環境配慮型パッケージ。従来のEP-PAK同様、内容物の保護性に優れ、常温での長期保存が可能であり、また既存の生産設備に部分的な改造を加えるだけで導入できる点も評価されている。
 今回開発した新製品「トルキャップ」は、口栓の土台となる部材に独自の特殊加工を施した口栓。「オルカット」の機能で分離した頭部を左右の中心で二つに折り曲げるだけで、口栓を固定している土台部分が破断。頭部をねじ切ることで、簡単に取り外すことができる。これにより、従来廃棄時の分別が難しかった口栓付きの頭部も、紙とプラスチックへの簡単分別を実現。さらに環境適性の高いパッケージの提供が可能になった。

■ 「トルキャップ」の特長
・手で簡単に分別可能
口栓付きの頭部を手で引き裂き、その土台部分を中心にして折り曲げる力を加えることで、特殊加工を施した口栓の根元が割れる仕組みを実現。手でねじるだけで取りはずすことができる独自構造の開発に成功した。
・廃棄適性が向上
従来分別が困難だった頭部を紙とプラスチックとに分けられるため、廃棄適性が向上した。
・既存の生産ラインに対応
新規での生産設備導入はもちろん、既設の充填生産機で対応できるため、既存製品からの切り替えも容易。
■ 価格
従来のEP-PAKとほぼ同等の価格を維持している(※設備費用を除く)。