大日本印刷 「秀英体」で活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発 
2016年11月18日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、オリジナル書体「秀英体」で活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発した。第1弾として「秀英にじみ明朝 L」を、ソフトバンク・テクノロジー(SBT、東京、阿多親市社長)のWebフォントサービス「FONTPLUS」で、11月18日に発売する。
DNPは、前身である秀英舎の時代にオリジナル書体「秀英体」を開発し、100年以上にわたり、時代の変遷にともない開発を続けている。近年、デジタルメディアが進展するなか、出版や広告の分野では、古びた和紙や木目のテクスチャー(質感)、手書き文字などを活かし、あえてアナログな風合いを加えて温もりや手触り感を表現することが増えている。また、印刷用の版の凹凸の凸部分にインクをつけ、紙に転写する活版印刷の表現も再び注目されている。
そのなかでDNPは、コミュニケーションにおける付加価値の提供と文字の表現力の向上を目的として、活版印刷の風合いを再現したデジタルフォント「にじみフォント」の開発に着手した。「にじみフォント」は、DNPの1876年の創業当初から2003年まで続いた活版印刷で使用された「秀英体」が、印刷された紙面上にどのように表現されているかを細かく分析し、長年培ってきた書体制作技術と画像処理技術を活かして開発した。

【「秀英にじみ明朝」の特長】
●“文字のにじみ”を分析し専用プログラムで書体を開発
印刷時の圧力(印圧)によってにじむインクの風合いを再現するため、活版印刷物の印影を分析した。活版で印刷された文字は、インクが活字に付着していくことで、徐々に“ハライ”の先端や“ウロコ”の角が丸くなったり太くなったりする傾向がある。また、線がランダムに揺らいだり太くなったり、交差する部分が丸くなったり、近接する部分がつながったりすることもあった。これらの分析結果を「にじみ効果」として付与する専用プログラムを開発し、秀英体フォントデータにこのプログラムで画像処理を行い、「秀英にじみ明朝」フォントを作成した。



●アナログ感やレトロ感を強める「にじみ」の段階を調整
プログラムの設定によって、「にじみ」の“太らせ量”や“ゆらぎ量”などの強弱を段階的にシミュレーションし、書籍の本文やポスターの見出しといった利用シーンで、程良くにじむように調整しました。
また、スマートフォンやタブレット端末などのデジタル機器に表示した際も、従来より太く柔らかい印象を与え、ちらつきを抑えることで、眼にやさしく読みやすいフォントに仕上げた。

今回、第1弾として、「秀英にじみ明朝L(文字セット:Adobe-Japan1-3)」を開発し、SBTのWebフォントサービス「FONTPLUS」にライセンス提供した。11月18日より、「FONTPLUS」の利用者は、「秀英にじみ明朝L」の使用が可能となり、Webサイトの表現力を高めることができる。例えば、工芸品やハンドメイド商品のWeb広告などで、日本の伝統や美、レトロ感などを演出するのに最適。