凸版印刷 葛飾北斎「須佐之男命厄神退治之図」が約100年ぶりに復活
2016年11月17日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子 眞吾社長)は、墨田区が進める、葛飾北斎晩年最大級の傑作といわれる大絵馬「須佐之男命厄神退治之図 (すさのおのみこと やくじん たいじのず)」の復元プロジェクトに参画。関東大震災で焼失した「須佐之男命厄神退治之図」の残された白黒写真から、凸版印刷の最先端デジタル技術を活用し、撮影された当時の彩色された絵馬を原寸大で推定復元した。
極めて難易度の高い白黒画像からの色彩復元だが、凸版印刷が培ったデジタルアーカイブ技術と伝統技能を有する職人達の技、科学的調査と美術史などの知が調和融合することで、彩り豊かに復元された。
 なお、この推定復元された「須佐之男命厄神退治之図」は、2016年11月22日(火)に墨田区両国にオープンする「すみだ北斎美術館」にて一般公開される。墨田区と北斎のつながりをしめす資料として地域学習や歴史教育にも活用される。
今後も凸版印刷は、デジタルアーカイブ技術を更に高めていき、貴重な文化財や美術工芸品、文書資料などの次世代への継承に貢献していく。

■葛飾北斎「須佐之男命厄神退治之図」の推定復元ついて
 「須佐之男命厄神退治之図」は、弘化2(1845)年、北斎が86歳の時に描いた肉筆画で、牛嶋神社(東京都墨田区)に奉納された。須佐之男命と、その従者の前に15体の様々な厄神がひざまずき、今後悪さをしないように証文を取られているところが描かれている。
 幅約2m76cm×縦約1m26cmという北斎晩年最大級の傑作だったが、大正12(1923)年の関東大震災で焼失した。しかし、日本最古の美術雑誌「國華」240号(明治43(1910)年刊)などに、白黒コロタイプ印刷の画像が掲載されており、これが現代に残る画像資料となっている。
 今回、「すみだ北斎美術館」開館を進める墨田区から、これまでの浮世絵版画や版本のデジタルアーカイブ撮影および複製制作における実績や、文化財取扱への評価を受け、凸版印刷は平成27(2015)年より、「須佐之男命厄神退治之図」調査および推定復元制作に着手した。