モリサワ アプリ・ゲーム制作者向けフォント2製品を発表
2016年10月19日
モリサワ(森澤彰彦社長)はこのほど、アプリ・ゲーム制作者向けフォント製品「MORISAWA App Tools ONE」「MORISAWA App Tools」を販売開始を発表した。
 「MORISAWA App Tools ONE」は、これまで個別の契約が必要だったアプリへの組込みと、アプリのプロモーション用デジタルコンテンツの制作に必要な書体を、好きなだけ利用できる新しいフォント製品。モリサワフォントを中心とする341書体の豊富なラインナップを、PC1台につき、1年契約7万2000円(税抜)で提供する。
 一方、「MORISAWA App Tools」は、アプリごとに書体を選択する組込みフォント製品。アプリの配信期間中は契約の更新が不要で、1アプリ1書体につき50万円(税抜)で提供する。
 発売日は10月21日(金)、「MORISAWA App Tools ONE」発売を記念し、2017年1月31日までに申し込むと、初年度1年間・1PCにつき6万円(税抜)で提供する。