凸版印刷 ホテル椿山荘でプレミアムブランド訴求に関する実証実験を実施
2016年10月18日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、凸版印刷の映像クリエイターが最新鋭の4K用撮影機材を駆使し、日本各地の季節感あふれる風景や日本文化、地域の魅力が伝わる風物などを撮影したオリジナル高品質4K映像コンテンツを提供している。
 このたび凸版印刷は、ホテル椿山荘東京(東京都文京区、本村哲総支配人)と共同で、凸版印刷が制作したオリジナル高品質4K映像コンテンツを活用した、新たなブランド訴求の効果に関する実証実験を2016年10月3日から開始している。ロビーでの4K映像の上映とあわせて、スマートフォンでも4K由来の高精細な動画を配信し、上質なおもてなし品質を再現することができる
新しい取り組み。
 ホテル椿山荘東京は、「世界をもてなす、日本がある。」をコンセプトに春の桜、初夏のほたる、など四季折々の風情が楽しめる森のような庭園に包まれたラグジュアリーな空間を提供しており、記念日やウエディングなど特別な一日に、「日本の上質なおもてなし」を体感することができる。
 本実証実験では、「日本の上質なおもてなし」にふさわしいプレミアムな表現手法として、圧倒的な臨場感を持つ高品質4K映像をホテルのプラザロビーで上映。
映像上映とあわせて配布する5種類のカードのマーカーをスマートフォンで読み取ると、ホテルの施設を紹介する4K由来の高精細な動画が視聴可能。
また、動画再生後には、そのまま公式サイトに自動遷移。サイトへのアクセス数をもとに、本実証実験の顧客満足向上策の有効性について検証を行う。

■実証実験の概要
・実験期間:2016年10月3日~11月2日まで
・設置場所:ホテル椿山荘東京 プラザロビー
・上映方法:58インチ4Kデジタルサイネージ
・放映コンテンツ:庭園美や婚礼・美食など、四季を織り交ぜながら紹介する4K映像コンテンツ
・放映時間:約3分(ループ)
・検証方法:4K映像に連動したホテルの施設紹介動画やサイトに誘導するカードを製作し、4Kサイネージ設置場所でのカード配布枚数を把握。アクセスログ解析により、配布したカード経由のサイトアクセス数と、通常のサイトアクセス数の比較・検証を実施予定。