凸版印刷 小学校向け学習応援システム「やるKey」の実証研究を開始
2016年07月27日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、静岡県浜松市、慶應義塾大学総合政策学部の中室牧子准教授と、「学習応援システム実証研究にかかる協定」を2016年7月28日に締結するはこび。凸版印刷の小学校向け学習応援システム「やるKey」を活用した学力向上の実証研究を2016年9月より開始する。
 同実証研究では、ICT活用による学力向上、学習内容の定着および家庭学習の充実を図ることを目的に実施。学習応援システム「やるKey」が入ったタブレット端末を浜松市が児童に貸与し、授業および家庭学習に活用することで、児童の学力向上などに関する効果的な方策を検証する。具体的には、浜松市が指定したモデル校(大瀬小学校、犬居小学校、庄内小学校)の小学3年生から6年生の児童約500人に対して、2016年9月から2017年7月までの11ヶ月間で実証研究を実施する。
 学習応援システム「やるKey」は、子供たちがタブレット端末を活用し、学校の単元に沿った学習を行いながら、成長実感や達成感、先生・保護者からの評価による動機付けにより子どもたちの努力する力を醸成し学力の向上につなげる、デジタル教材。
 具体的には、学校で活用するタブレット端末を家庭でも使用し、児童が自分で目標を立て、教科書の内容に沿った演習問題(デジタルドリル)に取り組む。解答と自動採点の過程で、どこを誤ったのかだけでなく、どこでつまずいているかが判定され、児童ごとに応じた苦手克服問題が自動で配信される。さらに、児童の進行状況や、どこが得意でどこを間違えやすいかを教員が把握し、声がけや指導改善の材料にできる機能も提供する。
 これにより、分からないことが分かるようになる喜び、目標を達成できた喜び、認められる喜びを通じて、努力する力の醸成と学力の向上をサポートする。

■「やるKey」の特長・教科書に準じたデジタル教材が格納されているので、先生は1クリックでクラス全員に配信可能。
・児童が目標を立てる機能があり、自主的な学習につながる。
・児童の頑張りを可視化。授業設計や個別指導に役立つ。
・各児童の理解度に合った問題が自動配信され、苦手克服を促進する。
・「ごほうびアクション」をはじめ、児童が楽しく学び続けられる機能が充実している。
・オフライン環境でも稼動。場所を選ばずに学習ができる。
■実証研究について
 静岡県浜松市、慶應義塾大学・中室研究室、凸版印刷の3者協働の実証研究を実施。タブレット端末を家庭に持ち帰り、学年に応じた算数に関する家庭学習(個別学習)を、凸版印刷の学習応援システム「やるKey」を活用して行う。その後効果検証を行う。
1)実施範囲
・期間: 2016年9月~2017年7月(11ヶ月間)
・対象: 静岡県浜松市が指定したモデル校(大瀬小学校、犬居小学校、庄内小学校)の小学3年生から6年生の児童約500人
2)凸版印刷が提供する内容
・LMS(学習管理機能)とデジタル教材
・提供コンテンツ:小学3年生から6年生の算数
・導入に関する教員研修の実施

 今後、凸版印刷は、学習応援システム「やるKey」の対応教材を、現在の対応教科を小学校の算数とあわせて、2017年4月に小学校の国語・英語を追加、順次拡充する。さらに2020年の新学習指導要領改訂にあわせて、学習応援システム「やるKey」の機能開発をつづけ、学校現場を一層支援していく。