チロルチョコと凸版印刷 企業のオリジナル商品制作サービスの提供を開始
2016年07月26日
 チロルチョコ(東京都千代田区、松尾利彦社長)と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、企業の販促ツールやノベルティ、イベントなどで活用できる、オリジナル商品制作サービル「MY TIROL Biz(マイチロルビズ)」の提供を、2016年8月1日より本格的に開始する。

 「MY TIROL Biz」は、オリジナルデザインの包装紙のチロルチョコが作れる企業向けサービス。導入企業はWebサイトより注文し、オリジナルデザインのチロルチョコを制作できる。商品の制作にはデジタルプリントを使用しているため、最小1,440個の小ロット・複数デザインが可能。企業や商品ブランドの価値向上に貢献する。

 生活者の属性や嗜好の多様化により、共通施策では競争力が維持しにくいため、企業には顧客一人ひとりのニーズにあわせた商品やサービスを提供することで顧客満足度を向上させる施策が求められている。
 チロルチョコ社と凸版印刷は、生活者個人を対象としたオリジナル商品の制作サービス「マイチロル」を2012年10月から2015年5月まで実施。結婚式や内祝いなどの用途で広く親しまれてきた。
 今回、「マイチロル」で培ってきたノウハウと、凸版印刷が2016年3月に導入した軟包装向けのデジタルプリント設備を活用。企業向けのオリジナル商品制作サービスとして提供する。

■ 「MY TIROL Biz」の特長
・1,440個の小ロットから対応可能
凸版印刷が持つ軟包装向けデジタルプリント設備を活用することにより小ロット生産に対応。最小1,440個より対応できる。
・自由度の高い、包装紙全体へのデザインが可能
一部制限はあるが、包装紙全体へのデザインが可能なため、天面だけでなく側面にもデザイン訴求できる。
・問い合わせ(申し込み)は専用Webサイトから
問い合わせ(お申し込み)は専用Webサイトより行う。問い合わせには、事務局より電子メールにて回答する。
・複数デザインに対応
デジタルプリントの特性を活かし、可変印刷による複数デザインに対応している。

■ 「MY TIROL Biz」 WebサイトURL
https://www.my-tirol.com/
(※2016年8月1日オープン)

■ 価格
約10万円~ (※1,440個でデザイン1種の場合。仕様により異なる。)

 チロルチョコ社と凸版印刷は今後、同サービスを拡販、2017年に関連受注と合わせ約2億円の売上を目指す。
 凸版印刷は、デジタルプリントを活用したパッケージを用いたビジネススキームを他の企業に向けても積極的に展開、多様化が加速する市場のニーズに対応していく。