共同印刷の「FullScanCode 」がセガの「らくがきカードバトル撃墜王」に採用
2016年07月14日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)が開発した、複数一括読み取り機能を持つオリジナル二次元コー「FullScanCode (フルスキャンコード)」が、セガ・インタラクティブ(東京都大田区、杉野行雄代社長CEO)の「らくがきカードバトル撃墜王」向けカードに採用された。
「らくがきカードバトル撃墜王」は、購入した専用カードに絵を描くと、その絵が戦闘機としてゲーム内に現れ、敵とバトルを繰り広げるという、新感覚のアミューズメントマシン。戦闘機の強さは形や色によって変わり、絵の巧拙とは関係がないため、子どもから大人までが平等に楽しく遊ぶことができる。7 月13 日より全国の子ども向けゲームコーナーに登場する、この「らくがきカードバトル撃墜王」の専用カードに同社のフルスキャンコードが採用された。なお、専用カードは、同社得意先である日本カードプロダクツ(埼玉県草加市、小松一雄社長)より発行される。

フルスキャンコードは、簡単な操作で複数のコードを一括で素早く読み取ることができる二次元コード。画像のボケ・ブレへの対応力や、コード認識の素早さと高い認識精度、すべてのカードに異なるシリアル番号コードを付与できる情報量などが認められ、採用に至った。また、コード形状を新たに設計して細長く狭いスペースへの印字を可能とした点や、薄暗い撮影環境でも読み取り精度を維持できる点など、コード仕様の柔軟性にも高い評価を得ている。
フルスキャンコードは、システムとの連携によるコードの発行・管理・認識などの周辺環境提供や情報の一元管理も可能で、物流、工場、店舗での商品管理、大量の文書管理など、あらゆるシーンで活用できる。
今後も、さまざまな企業から寄せられている要望に応えしながら、フルスキャンコードの拡販に努めていく。

【フルスキャンコードの主な特長】
① 同社独自の画像認識技術を応用し、新しい解析方法(アルゴリズム)を確立
② コンパクトな読み取りプログラムで、スマートフォンなど各種デバイスへの展開が可能
③ 印刷物でありながら、RFID タグが得意とする一括読み取り機能を持つ
④ 不揃いなコードも素早く認識。コードの汚れや画像のボケ・ブレにも強い
⑤ コード形状を独自開発。絵柄や文字が配置でき、デザインに合わせて縦横比の変更も可能