「台東区産業フェア」7月28・29日開催、台東区ブランドを世界に発信
2016年07月04日
東京都台東区は、区内中小企業の経営環境の改善や販路開拓などに取り組む意欲的な事業者を支援し、ものづくりの技、台東区ブランドを世界に発信していくための展示商談会「台東区産業フェア」を7月28日と29日の二日間、東京都立産業貿易センター台東館4・5階で開催する。出展企業数は81社。入場料無料。
 期間中は、「皮革・繊維」、「ジュエリー・装身具」、「IT・印刷」、「玩具・人形」、「伝統工芸」などのテーマごとに区内企業や団体による製品展示、技術のPRや伝統工芸士による実演、各種セミナーなどを実施する。また、会場には、区の花「あさがお」やお茶席を用意し、台東区らしい和のテイストで来場者をもてなす。
 台東区は、多様な地場産業が区内各地で息づく、ものづくりのまちだ。特に、靴、鞄などの皮革関連、貴金属や宝石などのジュエリー関連の消費財を扱う製造業、卸・小売業が集積しているところが台東区産業の大きな特徴だ。また、江戸の昔から受け継がれている伝統的な手法による工芸品を作り続けている職人も多く、東京都が指定する伝統工芸品40品目のうち26品目が台東区で製造されている。 
 なお、台東区ブランドを世界に発信するため、今回はASEAN 10 過酷の大使をオープニングセレモニーに招待した。
 また、台東区の創業支援施設である台東デザイナーズビレッジのブースには、伊勢志摩サミットで各国首脳の襟元に輝いていたラベルピンをデザインした、ジュエリーブランド「januka(ヤヌカ)」の中村譲氏も出展する。各国の首脳が付けたラベルピンの実物をぜひご覧ください。 
 区内中小企業の優れた製品や技術を体感してもらうために多くの来場者を呼びかけている。

■同時開催イベント
未来を担う東京の中小企業市(主催:公益財団法人 東京都中小企業振興公社)
▽日時:7月28日(木)、29日(金)10:00~17:00
▽会場:東京都立産業貿易センター台東館 6・7階展示室