東京地区協 上期地区協開催、全体会議で各委員会報告
2016年06月21日
東京地区印刷協議会(黒澤文雄会長)は平成28年度上期東京地区協議会を6月20日、中央区・日本印刷会館で開催し、各委員会の委員長が事業計画を報告した。
 全体会議に先立ち、黒澤会長が開会挨拶し、140人の参加者に対して感謝の意を示した。
臼田真人全印工連会長は、drupa2016視察にふれるとともに、「組合には20年以上関わっているが、皆さんとお会いして時間を共有し、楽しく皆さんと過ごしたい。今日は限られた時間だが、懇親会では情報交換を行いたい。28年度は伝える力、コミュニケーションを戦力としているので、各委員長にはプレゼンテーションを工夫してくださいとお願いした」と挨拶した。
 次いで、経営革新マーケティング委員会から環境労務委員会、組織共済委員会、教育研修委員会、CSR推進委員会、ダイバーシティ推進委員会、全印工連産業戦略デザイン室、全印工連印刷産業連携推進室と報告があり、生井専務理事が全印工連報告を行った。
 引き続き、森永伸博東政連会長が、東政連への加入をお願いした。
最後に、東青協の新旧議長の紹介があり、閉会した。


黒澤東京地区協会長