凸版印刷 「とりせん」へポイント一体型ハウス電子マネーを提供
2016年06月01日
凸版印刷(東京都千代田区、金子 眞吾社長)と富士通エフ・アイ・ピー(東京都港区、米倉 誠人社長)は、とりせん(群馬県館林市、前原 宏之社長)が北関東に展開するスーパー「とりせん」店舗で使えるポイント一体型ハウス電子マネー「とりせん電子マネーカード(以下、とりせんカード)」に向けて、共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を提供する。
「とりせんカード」は、2016年7月中旬より順次発行を開始、60店舗で使用が可能となる。(2016年5月末現在)
とりせんでは、お客にお得なポイント還元とスピーディーなキャッシュレス決済を実現し、買い物における一層の利便性を提供できる決済手法を検討してきた。あわせて、お客の利用実績と購買データを元にした各種販促施策の実施を検討し、これらを同時に実現できるポイント一体型ハウス電子マネーの導入を決定した。

■「とりせんカード」の特長
「とりせんカード」は1,000円単位で50,000円までチャージ(カード現金入金)が可能(1回のチャージ限度額は49,000円)。「とりせんカード」での精算200円(税抜)ごとに1ポイントが付与され、500ポイントで500円分のお買物券がレジより自動発行される
。16歳以上は誰でも持てる便利なカード。

「とりせんカード」の導入に際しては、凸版印刷の豊富な実績によるスムーズな導入管理、年間稼働率100%(2015年度実績)のシステム信頼性が高く評価され、「サーバ管理型プリペイドASPサービス」が採用された。また、「とりせんカード」に関連する販促・運用業務に一括で対応することができる幅広いソリューションおよび体制も評価され、電子マネーだけでなく、ポイントシステム、事務局業務、入会促進などについても凸版印刷が支援する。

今後、凸版印刷は、「とりせんカード」のさらなる顧客利便性の向上に向けて、とりせんとともに機能強化に取り組んでいくほか、とりせんの推進するプロモーションやキャンペーン施策への協力を通じて、「とりせんカード」の利用拡大を支援する。
同時に、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーは、「サーバ管理型プリペイドASPサービス」の付加価値をさらに高め、より一層の拡大を目指し、全国の流通・サービス業を中心に販売を強化していく。