大日本印刷 シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来」を6月2日京都で開催
2016年05月31日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、6月2日、シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来 ―DNPミュージアムラボ『フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展』関連企画―」を京都文化博物館で開催する。
DNPは2015年、世界三大コレクションとされるフランス国立図書館(BnF)所蔵の地球儀・天球儀を、独自に開発した「DNPの高精細3Dデジタルアーカイブシステム」で3Dデジタル化した。その超高精細データを活用した新しい鑑賞方法を体験できる展覧会を現在、東京・五反田で開催している(後期2016年6月3日~9月4日)。
同シンポジウムでは、BnFとのデジタルアーカイブへの取り組みを紹介するとともに、有形・無形の文化遺産の宝庫である京都において、未来へ継承する文化遺産とデジタルアーカイブが果たす役割と意義について考える。

【シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来」プログラム】
■挨拶 大日本印刷 常務取締役 北島 元治氏
■報告 BnF×DNP 3Dデジタル化プロジェクトと「体感する地球儀・天球儀展」における公開の手法
大日本印刷 出版メディア事業部グローバルソリューション開発部長 高梨 浩志氏
DNPアートコミュニケーションズ ソリューション開発部長 舛本 美和氏
■講演 BnFのデジタル化に向けた取組み *逐次通訳付き 
フランス国立図書館 地図部門 学芸員 クレール・シュメル氏
■特別講演 京都における天球儀「縮象儀」とデジタルアーカイブ
龍谷大学古典籍デジタルアーカイブ研究センター長 岡田 至弘氏
■パネルディスカッション 次世代へつなぐ ―高精細デジタルアーカイブと文化遺産―
京都工芸繊維大学教授、美術工芸資料館館長 並木 誠士氏
龍谷大学古典籍デジタルアーカイブ研究センター長 岡田 至弘氏
歴史・放送作家、京都ジャーナリズム歴史文化研究所代表 丘 眞奈美氏
林原美術館館長、山陽学園大学副学長・教授 谷一 尚氏

【開催概要】
■日時 : 2016年6月2日(木)16時~18時40分(開場15時30分)
■場所 : 京都文化博物館 別館ホール 京都市中京区三条高倉 地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」下車
■定員 : 先着200名(無料、事前予約制)
    *申込みはこちら  http://www.museumlab.jp/bnf/exhibition/artwork03.html
主催:DNP大日本印刷、DNP京都太秦文化遺産ギャラリー 共催:フランス国立図書館(BnF) 協力:公益財団法人DNP文化振興財団 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本


DNPミュージアムラボ「フランス国立図書館
体感する地球儀・天球儀展」の様子