モリサワ・「JP2016情報・印刷産業展」に出展
2016年05月27日
 モリサワ(森澤彰彦社長)は、6月23日(木)から25日(土)までインテックス大阪で開催される「JP2016情報・印刷産業展」において“市場をソウゾウする”をテーマに掲げ、可変印刷ソフトウェア「MVP7」とマーケティングオートメーションを組合せた可変印刷をデジタルマーケティングで活用する方法や、クラウドレイアウトソリューション「MC―Cloud」(参考出品)などの製品とソリューションを組合せた新しいサービスを披露し、「お客様の”創造”に必要な”想像”」を提案する。
 主な出展内容は次の通り。
 【フォントソリューション】
 ■MORISAWA PASSPORT
 モリサワのすべてのフォント、ヒラギノフォント、タイプバンクフォント904書体に多言語フォント71書体を加え、デザインや印刷に必要不可欠な全975書体をすべて使える画期的なライセンス製品。
 TypeSquare(Webフォントサービス)
 PCやモバイル端末などの閲覧環境に指定されたフォントが搭載されていなくても、制作側が指定した書体をテキストとして表示することができるもの。多彩なフォントの美しさを活かした魅力的なWebサイトが効率よく作成できる。
 【多言語対応電子配信ツール】
 ■MCCatalog+/Catalog Pocket
 観光ガイドやレストランメニュー、施設案内など、多言語展開のニーズが高い印刷物を自動翻訳機能で多言語化し、スマートフォンやタブレット端末に向けて配信できるクラウドサービス。MCCatalog+で配信されたコンテンツは、iOS/Android対応の無料アプリCatalog Pocketで閲覧できる。
 【組版ソリューション】
 ■MC-Smart 3
 モリサワが培ったノウハウを余すことなく投入したシンプルな操作性と高度な組版処理を合わせ持つレイアウトソフトウェア。XMLやEPUB、Word変換など、複雑なデータ交換や電子データの二次加工にも標準対応する。
 【可変印刷ソフトウェア】
 MVP7+マーケティングオートメーション
 簡単な操作で、宛名・DM・ナンバリング・プライスカードなどの可変データを扱うさまざまな印刷が可能なもの。ブースでは可変印刷とマーケティングオートメーションのMarketo(マルケト)を組み合せ、デジタルマーケティングで顧客企業の課題解決に向けた提案を行う。
 【デジタル印刷機】
 ■RISAPRESS Color710
 多様化するプリントビジネスに柔軟に対応し、オフセット印刷の品質に迫る高画質と高精度な仕上がりを実現する。
 【クラウドレイアウトソリューション】
 ■MC―Cloud(参考出品)
 印刷会社やシステム開発会社がWebサービスを構築する際に直面する、フォントと文字レイアウト処理の課題を解決するもの。印刷産業のインダストリー4・0連携など、新時代を見据えた新しいレイアウトエンジンとなっている。