全印工連 臼田真人氏が新会長に就任、全力で重責を果たしていく
2016年05月25日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、島村博之会長)は5月24日、港区海岸・ホテルアジュール竹芝で平成28年度通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で、臼田真人氏が新会長に就任した。臼田新会長は「全印工連という印刷業界を代表する、非常に大きな、そして歴史のある組織の会長という大役を拝命し、身の引き締まる思いで今この場に立っている。これからの2年間、皆様の理解とお力添えを賜り、全力でこの重責を果たしていく」と力強く語った。
 そして、今期のテーマを『志あふれる印刷産業へ、期待される価値を求めて』とし、「組合員企業各社の『志』が、社会から期待される新しい価値を生み、それが新しい印刷産業の未来の扉を開くものと確信している」と述べた。
 新年度の事業では、新たな事業として、産業戦略デザイン室では広報戦略の強化、経営革新マーケティング委員会では事業永承に取り組む。さらに、教育研修委員会では、リニューアルしたDTP技能検定の実施、CSR推進委員会では最上位となるスリースター認定の構築を行う。
 た、女性活躍の推進をさらに飛躍させ、多様性を受け入れ、広く人材を活用できるようダイバーシティ推進委員会を新設する。さらに、全印工連全体を挙げてまとめた『印刷産業2025計画提言書』の実現に向けた各種の活動への取り組みを始める。

平成28・29年度常任役員は次のとおり(敬称略)。
【会長】
▽臼田真人(東京都)
【副会長】
▽作道孝行(大阪府)
▽細井俊男(愛知県)
▽滝澤光正(東京都・産業戦略デザイン室委員長)
【専務理事】
▽生井義三(全印工連)
【常務理事】
▽四橋英児(岐阜県・中部地区印刷協議会会長)
▽橋本唱市(東京都・印刷産業連携推進室委員長)
▽藤井治夫(宮城県・東北地区印刷協議会会長)
▽木村篤義(東京都・資材対策委員会委員長)
▽黒澤文雄(東京都・東京地区印刷協議会会長、全国青年印刷人協議会担当)
▽池田幸寛(東京都・環境労務委員会委員長)
▽板倉清(北海道・北海道地区印刷協議会会長)
▽福田浩志(東京都・経営革新マーケティング委員会委員長)
▽土屋勝則(東京都・教育研修委員会委員長)
▽大迫三郎(宮崎県・九州地区印刷協議会会長)
▽清水光朗(長野県・関東甲信越静地区印刷協議会会長)
▽奥田章雄(香川県・四国地区印刷協議会会長)
▽中西隆太郎(京都府・近畿地区印刷協議会会長)
▽白橋明夫(東京都・組織共済委員会委員長)
▽小野綾子(東京都・ダイバーシティ推進委員会委員長)
▽中本俊之(広島県・中国地区印刷協議会会長)
▽三島秀夫(東京都・CSR推進委員会委員長)


 臼田真人新会長