日印産連 「印刷産業におけるリスクアセスメントセミナー」全国7ヶ所で開催
2016年05月25日
平成28年6月1日より労働安全衛生法施行令別表第9に掲げる640の化学物質について、それらを取扱うすべての事業所で、それらを扱う際のリスクアセスメントを実施することが義務付けられた。(一社)日本印刷産業連合会では、この法令に則り従業員の健康保全に向けた取組みをさらに強化していくため、特に中小の印刷事業者が、簡便にリスクアセスメントが実施できるように工夫したリスクアセスメントシートを、厚生労働省と協力して作成した。
このたび、このリスクアセスメント普及に向けた「化学物質リスクアセスメントセミナー」を、6/22(水)東京を皮切りに、全国7ヶ所で開催する。

【講演テーマ】
・労働者の健康障害防止に向けた労働安全衛生法改正の留意点
・印刷事業所におけるリスクアセスメントの提案
・オフセット印刷工場用「VOC警報器」

【共催印刷工業組合、開催日時、会場】
1.北海道印刷工業組合 7/13(水)13:30-15:30 かでる2.710階
2.東北地区印刷協議会
宮城県印刷工業組合 6/28(火)13:30-15:30 宮城県工組会議室
3.愛知県印刷工業組合 7/4(月)14:00-16:00 愛知県産業労働センターウインクあいち1203号室
4.大阪府印刷工業組合 7/21(木)15:00-17:00 太閤園
5.広島県印刷工業組合 7/7(木)13:00-15:00 KKRホテル広島安芸の間
6.福岡県印刷工業組合 7/26(火)13:30-15:30 福岡国際会議場402会議室
7.東京(日本印刷産業連合会) 6/22(水)10:00-12:00 日本印刷会館2階会議室

【参加料】無料
【申込み】各地区の印刷工業組合まで、FAX、一部Eメールにより申込む。
申込書は、日本印刷産業連合会のホームページからダウンロードできる。