大日本印刷 ggg・第353回企画展 「TDC2016」6月3日から開催
2016年05月24日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の第353回企画展、東京TDC展「TDC2016」を6月3日から27日まで開催する。
「TDC2016」は、東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルデザインコンペティション「東京TDC賞2016」の成果を見てもらうもの。
「東京TDC賞2016」では、応募作品2,800点(国内1,703点、海外1,097点)の中から厳正な審査の結果、グランプリ1点、タイプデザイン賞1点、RGB賞1点、特別賞1点、TDC賞5点が選ばれた。
 昨年のタイプデザイン賞に続いてグランプリを獲得したイギリスの2人組、ヘンリク・クベル&スコット・ウィリアムズ「ニューヨーク・タイムス・マガジン」のためのカスタムフォント、同じくイギリスのトム・ヒングストンによる故デビット・ボウイ「Sue(Or In A Season Of Crime)のミュージックビデオなど、高度で繊細な技術と感性を伴う完成度の高い作品がデザインの力を見せつける。
 同展では、受賞9作品をはじめ、ノミネート作品など、洋の東西や世代、メディアを越えた多彩でアイデアに満ちた特に評価の高い150点あまりの作品を紹介する。
 なお、6月4日、デザインフォーラム「TDC DAY」がDNP五反田ビル1Fホールで開催される。先着順・事前予約制。
詳細は東京TDCサイトにて。