大日本印刷 有機ELパネル用蒸着マスク向けの設備増強に60億円投資
2016年05月19日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、有機ELディスプレーの製造に使用する蒸着マスク(メタルマスク)の生産ラインを広島県三原工場に増設し、生産能力を3倍に引き上げる。
市場の拡大に合わせて、2020年までに60億円の設備投資を継続的に実施し、生産能力の拡大に加えて高精細化にも対応することで、スマートフォン向けの同製品で圧倒的な世界シェアを持つ強みを、さらに拡大させていく。

有機ELディスプレーは、自ら発光する有機分子層を電極で挟んだ構造で部材点数が少ないため、薄型化が可能で、曲げたり丸めたりという動作にも強いため、次世代のディスプレーとして注目されている。また、コントラストにも優れていることから、近年テレビやスマートフォンをはじめ、さまざまなディスプレーに採用が増え、その画像表示部分である有機ELパネルの市場規模は、2020年には2015年の約3倍近い6億8200万枚にまで拡大すると見込まれている(米調査会社IHSテクノロジー調べ)。
有機ELディスプレーは、光の3原色であるRGB(RED、GREEN、BLUE)の有機材料に電気を流して発光させることで、鮮やかなフルカラーの映像を映し出す。有機材料をガラスやプラスチックなどの基板に付着させるには、薄い金属板に微細な穴を精密に配置したメタルマスクを利用し、真空状態の設備の中で、有機材料を蒸発させて吹き付ける方法が主流になっている。
DNPは、独自のフォトリソグラフィ技術やエッチング技術を活かし、2001年にメタルマスクの開発を開始し、現在ではスマートフォン向けを中心に高いシェアを獲得している。今後、市場の急速な拡大に対応して、有機ELパネルメーカーも積極的な設備増強の計画を進めており、DNPもその需要に対応すべく、2020年まで継続的に60億円を投資して生産能力を3倍に増強する。

【蒸着マスク(メタルマスク)の概要と特長】
・ メタルマスクは、RGBの有機EL発光材料を基板に付着させる際に用いる微細な開孔がある金属製の部材。高精細化、大画面化が進んでいるモバイル機器では、RGBの有機材料を精密に付着させることが鮮やかな映像を映し出すために重要であり、有機ELパネルの生産工程のなかでもマスクを使った蒸着プロセスは難しい工程であることから、メタルマスクにも高い精度が求められる。DNPのメタルマスクは、高品質・高精度が市場で高く評価されている。
・ DNP独自の高度なフォトリソグラフィ技術やエッチング技術を活かして製造するメタルマスクは、500ppi以上の高解像度(WQHD*2相当)にも対応できる。
・ DNPは、メタルマスクの材料から製造方法、製品に関する特許、ノウハウを幅広く保有しており、安定した供給力とすぐれた開発力がある。

DNPは、今後、有機ELパネルメーカーに対し高精度なメタルマスクを安定供給していくとともに、1000ppi以上の解像度にも対応した製品の開発を進めている。市場の拡大に対して、適切な生産能力を整えて安定的に製品を供給することで、2020年に300億円の売上げを目指す。