向陽デジタルワークスと菅原印刷 シラバス制作・管理のWebサービス新バージョン開始
2016年05月09日
Web制作事業を展開する向陽デジタルワークス(浅野健一社長)と菅原印刷(菅原寛子社長)は、シラバス(講義要綱)制作を行っている印刷会社・制作会社・大学教務担当者向けに制作・管理がラクになる新バージョンのWebサービス「Syllabus光(Light)」を開始する。
 短期間で導入したい大学のニーズにより開発。既存サービス(採用実績20校)と異なり、最短1週間程度でサービスを提供する。なお、プラン・規模等により最短日数が変動する。
Web上で入稿から冊子組版、校了、Web公開までできるWebサービスで、閲覧するユーザのニーズに応え、スマートフォンにも対応した。

特徴1:目的に合わせて選べるプラン(入稿/公開/入稿+公開)。
特徴2:クラウドでの提供のため、サーバーの設置や管理が不要。
特徴3:管理者は必要な科目を検索し、冊子組版(PDF作成)が可能。
特徴4:既存のシラバスデータ(PDF、Excel、Wordなど)があれば公開サイトのみの運用も可能。データの取込みも同社で代行可能。
特徴5:公開サイトのスマートフォン最適化表示(スマートフォン閲覧時)。
特徴6:公開サイトの学生に対する利便性アップ。My favorite機能によるお気に入り科目の登録・削除・一覧表示・メールで送る。