凸版印刷 Web業界のレコメンドエンジンとオンデマンド印刷技術で協業
2016年05月09日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)と、サイジニア(東京都港区、吉井伸一郎社長)は、顧客一人ひとりの好みに合わせた商品を紙媒体でレコメンドするパーソナルプリントサービスの共同開発を開始する。2016年9月までに開発を完了して、サービス提供を開始する予定。
 サイジニアは、ECサイト等を訪問した顧客の購買履歴・サイト閲覧履歴を分析することで顧客一人ひとりにオススメ商品を紹介するレコメンドエンジンを提供している。
 一方で凸版印刷は、印刷内容を小ロット単位で刷り分けるオンデマンド印刷技術を駆使したOne to One DMサービスを提供してきた。
 パーソナルプリントサービスは、サイジニアの「レコメンドエンジン」と凸版印刷の「オンデマンド印刷技術」を組み合わせて、顧客一人ひとりの好みに合わせた個人向け媒体をオンデマンド印刷で作成する。商品カタログ発送時の同梱や、ダイレクトメールでの直接訴求など様々なシーンでの活用が可能であり、ユーザーの手に直接届く紙媒体での訴求で、高い反応率が期待できる。

 現在、消費者向けの商品・サービスのマーケティング効果をさらに高めるために、デジタルチャネルが主流となりつつあるなかでも、オフラインチャネルの効率化・高度化が求められており、DMなどユーザーの手に直接届く紙媒体にも依然として大きな訴求力がある。
 このたび、サイジニアの「レコメンドエンジン」と凸版印刷の「オンデマンド印刷」の連携により、オンライン・オフライン双方の強みを融合した、強力なパーソナルプリントサービスの開発を開始する。

【同サービスの特長】
・ユーザー一人ひとりの好みに合わせた商品をレコメンド
 サイジニア社のレコメンドエンジン「デクワス」の活用により、ユーザーがまだ出会っていないが親和性が高い商品を見つけ出してOne to One訴求することが可能。一般的なマス訴求に比べて大幅に反応率が向上する。
・紙媒体でのアプローチによる高い反応率
 ユーザーの手に直接届く紙媒体での訴求により、高い反応率が期待できる。大規模発注にも対応可能な凸版印刷のオンデマンド印刷体制により、紙媒体でのOne to One訴求を実現する。
・利用履歴の少ないユーザーにも訴求可能
 全顧客の利用履歴をデータの繋がりで把握してレコメンドを行うため、たとえ利用履歴の少ない顧客も、その他の顧客の利用履歴と紐付けることでレコメンド精度を担保することができる。
・施策を重ねるほど精度の高いレコメンドが可能
 一度行った施策の結果を機械学習で分析を行い、2回目以降の施策時にレコメンドの精度を向上させることが可能。施策を継続的に行っていくほど施策効果が高まっていく。


 2016年9月までに開発を完了して、サービス提供を開始し、EC通販、カタログ通販、百貨店、食品宅配など、さまざまな顧客へ提供し、2017年3月までに関連事業を含め凸版印刷として1億円、2018年3月までに関連事業を含め凸版印刷として10億円の売上を目指す。また今後もさらに、両社のノウハウを活かした新たなサービスを開発し、提供を行っていく。