全印政連 第19回通常総会開催、全印工連と連携し諸活動を展開
2016年04月28日
全日本印刷産業政治連盟(全印政連、森永伸博会長)は4月22日、日本印刷会館で第19回通常総会を開催し、平成27年度事業報告および収支決算、役員改選、平成28年度事業計画および収支予算が原案どおり承認された。
 森永会長は政治家との付き合いがいかに大事か促すとともに、11月開催の勉強ならびに懇親会への参加を呼びかけた。
 平成28年度事業計画は、全日本印刷工業組合連合会と連携して、中小印刷業界の山積する政策課題の解決を期して、国政および行政に対し、組織力をもって諸活動を展開する。
具体的な施策として、次の6項目を挙げている。
1中小印刷業界の政治的課題の抽出と提案活動の強化
(1) 各種税制改正に関する提案活動
(2) その他中小印刷業界の政治的課題改善についての提案活動
2国会議員との連携強化
(1) 議員との勉強会、交流会の開催
(2) 議員パーティへの参加
3国政選挙立候補者の推薦および支援
4広報宣伝活動の推進(広報紙「全印政連」の発行)
5中小印刷産業振興議員連盟との連携強化
6全印工連との連携強化


森永伸博会長