凸版印刷 口栓付き紙パック「EP-PAK」を初めて米容器に展開
2016年04月25日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、口栓付き紙パック「EP-PAK(イーピーパック)」を米穀商品向け容器に展開、こしじ販売(新潟県十日町市、花田真也社長)と共同で、自治体や流通・小売業界に向け、米商品の製造・充填・販売を2016年4月27日より本格的に開始する。
 同製品は、1ℓ用牛乳パックと同サイズの口栓付き紙パックに入った米商品。容器には、凸版印刷が開発した口栓付き紙パック「EP-PAK」の製造・充填技術を応用。紙パックの内側には凸版印刷が独自開発した透明ハイバリアフィルム「GL FILM」を使用している。
 同製品に関し、口栓付き紙パックの製造と米商品の販売は凸版印刷が、充填はこしじ販売がそれぞれ行う。
 なお本商品は本格販売に先立ち、全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)が2016年4月27日より販売する「三重特産米 紙パック商品シリーズ」で採用。また幸南食糧(川西孝彦社長)の米販子会社である米匠庵(川西修社長)が2016年秋より販売予定の歳暮ギフトで採用が内定している。

 超高齢化や個食・中食需要の増加、家事負担の削減など、生活者のライフスタイルは年々変化している。それに伴い、食品やトイレタリー製品などのパッケージにも小容量化や小分け化などの変化が見られ始めている。また、昨今急激な増加を見せる訪日外国人旅行者数は2015年に1,973万人と過去最高を記録。3年連続で過去最高を更新するなど増加傾向が続いており、日本を象徴するようなお土産商品の需要も増加している。
 また米関連業界においては、伝統的な和食文化が世界遺産に登録されたものの、国内では食の多様化が進み、米の消費量は年々減少を続けている。
 こうした現状を受け、凸版印刷とこしじ販売はこのたび、口栓付き紙パックに入った米商品を開発。5~6合入りの手頃なサイズでギフトやお土産用途として展開可能なほか、牛乳パックと同形状のため冷蔵庫での衛生的な保管にも便利。充填する米はコシヒカリやササニシキ、ひとめぼれなど各種ブランド米に対応、オリジナル米での製品化にも対応できる。

■ 同製品の特長
・ギフトやお土産用途に最適な容量・デザイン
従来のフィルム包装と異なりデザイン性も高いため、ギフトやお土産用途としての展開にも最適。
・各種ブランド米はもちろん、オリジナル米の充填にも対応
こしじ販売が保有する各種ブランド米はもちろん、オリジナル米の充填にも対応しているため、独自商品の製造も可能。
・ARコンテンツや多言語対応、トレーサビリティなどの情報発信が可能
ARを用いた製品情報の配信や、「QR Translator(キューアール・トランスレーター)」を用いた多言語対応などにより、商品の魅力を訴求するコンテンツや、QRコードを用いたトレーサビリティ管理など、製品の安心・安全につながる情報発信サービスの提供も可能。