凸版印刷 TNM & TOPPAN ミュージアムシアターでVR作品『 舟木本』を特別上映
2016年04月15日
 独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館(東京都台東区、銭谷眞美館長)と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、東京国立博物館が所蔵する「洛中洛外図屛風(舟木本)」の国宝指定が2016年3月に決定したことを記念し、同館・東洋館内「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」にて、VR(バーチャルリアリティ)作品『洛中洛外図屛風 舟木本』を2016年4月20日(水)より特別上演する。
 同VR作品は、東京国立博物館と凸版印刷が高精細デジタル撮影と色彩計測で取得した、22億1000万画素におよぶ「舟木本」の高精細デジタルデータを用いて制作した。わずか数センチの人物を300インチのスクリーンいっぱいに超拡大するなど、デジタルならではの方法で、国宝指定の理由である、高密度な描画によって生き生きと表現された江戸時代初期の京都に住む人々のようすを詳細に鑑賞。今、最も注目される文化財「舟木本」の魅力に迫る。
 また、4月19日(火)から5月8日(日)には、同館・本館で「舟木本」が約2年半ぶりに展示され、対象期間には実物とVR作品の双方を鑑賞できる。
 なお、VR作品上演期間には、高精細デジタルデータを用いた「舟木本」の実物大高品位複製をTNM & TOPPAN ミュージアムシアター前室にて展示する。

■ VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』上演について
 京都の町並み、季節の風物や行事を俯瞰して描いた「洛中洛外図」は、室町時代から江戸時代にかけて数多く描かれた題材だ。その中でも、人物表現で異彩を放つのが、岩佐又兵衛が描いた通称「舟木本」。又兵衛が想像を交えて描いた京都には、力がものを言う戦国時代から法が定める江戸時代へと移り変わる瞬間が切り取られている。
 「人々の様子が大変密度の高い描写で生き生きと表現され、近世初期風俗画の到達点と評価できる作品であること」、また「近年、洛中洛外図や又兵衛に関する研究が進展し、それらの研究成果を反映した展覧会も数多く開催され、文化史的、美術史的重要性が再確認されたこと」などから、「舟木本」は2016年3月、ついに国宝指定が決定した。
 同VR作品では、4月20日(水)~5月29日(日)の期間は、「京散策 四条河原から方広寺編」と題し右隻を中心に、6月1日(水)~7月10日(日)の期間は、「京散策 寺社巡りと二条城編」と題し左隻を中心に上演。専属のナビゲータがライブ解説で「舟木本」をすみずみまで詳しく紹介する。
 また同作品の上演では、外国人来館者向けに、凸版印刷が開発した「VR専用多言語ガイドシステム」を用いて英語・中国語による音声解説サービスを提供する。
 さらに、シアター前室にて、作品を鑑賞した来館者から感想やお気に入りの場面を募集。寄せられた声をもとに人気の場面などを紹介する。