コニカミノルタ フランスMGI社への追加出資契約を締結
2016年04月05日
コニカミノルタ(東京都千代田区、山名 昌衛社長) は、2014年1月に資本・業務提携した、デジタル方式の高付加価値印刷機器*メーカーでは業界トップのMGI DigitalGraphic Technology (MGI社、フランス)と、MGI社への追加出資について契約締結をした。
これにより、ラベル・パッケージ業界のデジタル化を加速させる製品ラインアップの拡充を図り、新たな市場を開拓することで産業印刷分野の強化を推進していく。

*ここでは、通常の印刷の後工程として、部分ニス厚盛や箔押しといった装飾的な加工を施す機器の意味

1.産業印刷業界や大手商業印刷業界での、コニカミノルタの提供価値向上
コニカミノルタが産業印刷業界へ本格参入するにあたり、顧客に密着した迅速な商品開発力をもつMGI社をパートナーとすることで、産業印刷業界や大手商業印刷業界におけるコニカミノルタの提供価値を高め、事業の拡大を図る。
2.ブランドオーナーからの要望である、ラベルやパッケージの小ロット、カスタマイズの実現
ラベル・パッケージ印刷業界では、より人目を引くためのニス厚盛や箔押しなどを施した高付加価値印刷の需要が多くありますが、現在ほとんどがアナログ方式でしか対応できず、デジタル方式でそれを可能にしているのはMGI社の高付加価値デジタル印刷ソリューションだけ。
ラベル・パッケージ印刷業界に、コニカミノルタのデジタル印刷技術とMGI社の高付加価値デジタル印刷ソリューションを併せて提供することで、デジタル化が加速するものと考えられ、ブランドオーナーのより細やかなマーケティングニーズに対応し、小ロット化、カスタマイズ化の要望に応えることが可能になる。

 2016年4月を目処にMGI社株式の30.5%を追加取得し、既存出資分(10%)とあわせて40.5%を保有することになる。

 コニカミノルタは、2003年からプロダクションプリント(PP)事業を成長領域と定め、製品・技術開発と買収・提携を進めながら、市場を創出し、事業規模と業容の拡大を図ってきた。この10年間で当社のPP事業の規模は約5倍に拡大し、カラープロダクション領域においては、トップランナーとしてグローバルに事業展開を続けている。
 印刷市場での近年のデジタル化に加え、ラベル・パッケージ市場では多品種小ロット印刷の普及が加速しており、今後も安定成長する市場として注目を集めている。
 コニカミノルタは、MGI社と2014年に資本・業務提携を開始し、MGI社の部分ニス厚盛や箔押しなどのデジタル出力機器を製品ラインアップに加えることで、印刷市場におけるデジタル化要望に応えてきた。

コニカミノルタでは、今後もお客への約束「Giving Shape to Ideas」のもと、お客様視点に立った付加価値の高い製品とソリューションの提供を通じて、グループ全体の企業価値を一層高めていく。