凸版印刷 口栓付き液体用紙製容器 「EP-PAKオルカット」を開発
2016年02月18日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、リサイクル適性を向上させた口栓付き液体用紙製容器「EP-PAK(イーピーパック)オルカット」を開発した。2016年6月より販売を開始する。
 「EP-PAK」は、凸版印刷が開発した口栓付き液体用紙製容器で、内容物の保護性に優れ、常温での長期保存が可能。清酒や焼酎などの飲料はもちろん、業務用ヘアケア剤やカー用品など、幅広い分野での採用実績がある。
 今回開発した「EP-PAKオルカット」は、口栓のついた頭部の下のミシン目加工を前後に折り曲げて手で引き裂くだけで、簡単に分別できる新しい口栓付き液体用紙製容器。既存の生産設備に部分的な改造を加えるだけで対応できるため、大きな設備コストをかけることなく、環境配慮型パッケージへの展開が可能になる。
  
 企業の社会的責任における環境配慮への関心は年々高まっており、事業活動における環境負荷の低減は企業が取り組まなければならない最重要課題の一つとして位置づけられている。そのような社会環境の中、製品の一部となるパッケージにも、内容物の鮮度保持や長期保存性などの機能はもちろん、省資源やリサイクル適性などが求められている。
 口栓付き液体用紙製容器「EP-PAK」は、このようなニーズに応えた製品として、常温での長期保存を必要とする製品に幅広く採用されている。しかし内容物の品質保持のため、容器が堅牢でシール部も強固に接着されており、使用済み容器を分別排出しやすくするというリサイクル面での課題があった。
 「EP-PAKオルカット」は、従来の「EP-PAK」の特長はそのままに、口栓のついた頭部を手で引き裂いて分離できるため、液体用紙製容器としてのリサイクル適性が向上した。
■ 「EP-PAKオルカット」の特長
・手で簡単に分別できる
口栓のある頭部と胴部の間にミシン目加工を施すことで、使用後に折り曲げてから頭部を手で引き裂くことができる。これにより、広い開口部からハサミを入れて容器を開き、リサイクル可能な胴部と、可燃ごみとなる底部に分けることができるため、リサイクル適性が向上した。
・既存の生産ラインへの追加導入に対応
新規での生産設備導入はもちろん、既設の充填成型機も部分改造で対応できるため、既存製品からの切り替えも容易。
■ 価格
 従来の「EP-PAK」とほぼ同等の価格を維持している。(※設備費用を除く)