凸版印刷がNTTデータと協業し、保険業界向けマイナンバー収集業務開始
2016年01月18日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、NTTデータと保険業界向けのマイナンバー収集業務で協業し、保険会社が行う契約者などからのマイナンバー収集を代行する受託サービスを2016年1月より本格的に提供開始する。
2016年1月から共通番号(マイナンバー)制度の導入により、保険業界では法定調書へのマイナンバーの記載が義務となり、年金受給者、保険契約者などについては、マイナンバーを収集する必要がある。
このような中、保険各社では大量のマイナンバー収集業務が発生することから、業務負荷が高まり通常業務に支障をきたす恐れがでている。さらに本業務が「特定個人情報」の取扱になる為、通常の個人情報保護の対策以上の安全管理体制を構築することが求められ、その実現にはハイレベルな安全整備と運用ノウハウが必要となる。
今回、金融業界でセキュリティ性の高いBPO業務に豊富な実績を持つ凸版印刷は、保険業界の業務システムに精通したNTTデータと協業し、お互いの持つ強みを組み合わせ、マイナンバー収集を代行するソリューションサービスを提供する。同サービスの提供により、保険各社の負担を軽減し、安全で低コストのマイナンバーの収集を実現する。
 なお同サービスでは、ベルシステム24の協力を受け、契約者などからの問い合せ窓口を構築する。

■同サービスの概要
収集フロー
1) 契約者にダイレクトメールでマイナンバーの申し込みが必要であることを通知。併せて返信封筒と記入用紙を送付。
2)契約者が返信封筒に必要書類を入れ、返信。
3)シェアードセンターにて、返信封筒を受領。記入用紙に印字されているバーコードをもとに、必要書類の確認と入力(データ化)を実施。
・特定個人情報を取り扱う最高レベルのセキュリティ性
これまで金融機関の個人情報管理を受託してきた豊富な実績を活かし、「組織的安全管理」「人的安全管理」「物理的安全管理」「技術的安全管理」で最高レベルのセキュリティ性を実現する。
運用面では、「特定個人情報」の取り扱いのための専門組織を設置し、専門教育を受けた人員により運用、最高レベルのセキュリティ性を発揮する。
・保険業務に精通、低コストでスピーディーな導入が可能
 設備を共有化し、シェアードセンターを構築することで、各社が独自でシステムを立ち上げるより、低コストでスピーディーにマイナンバー収集のためのサービスを導入可能。
さらに全体設計から、DM制作・発送、記入済み書類の受付・管理、データ入力、コールセンターまで全工程を管理する工程管理システムを提供、スムーズなサービス導入と運用・管理を実現する。
・お客目線に基づいてサービスを設計
 マイナンバーの番号収集も、お客にとっては“保険のサービス”と考え、他の保険サービスと同等の品質を確保し、顧客満足度を重視したサービス設計を行う。