大日本印刷 車載システムのセキュリティ対策サービスを開始
2016年01月12日
大日本印刷DNP,北島義俊社長)は、自動車業界向けに、車載機器に搭載されているアプリケーションの改ざんや秘密情報の不正な取得などを防止し、車載システムのセキュリティ性を高めるサービスの提供を開始する。その第一弾として、車載システムの秘密情報の不正な取得を防止するソフトウエア「CrackProof(クラックプルーフ)」と、車載通信機器に組み込んで通信データを暗号化し、通信機器同士の認証と管理を専用サーバーで行うシステム「DNP Multi-Peer VPN(Virtual Private Network)」を活用した自動車業界向けのセキュリティ対策サービスの提供を開始する。

近年、車載システムのデジタル化やインターネットへの接続などにより、自動運転や運転補助、高度なナビゲーションといった機能が車に備わり、生活者の利便性の向上が図られている。一方、自己故障診断(OBD II:On-board diagnostics II)を介した、自動車の各種データを読み出すアプリケーションの改ざんによる、自動車の遠隔操作が問題視されており、車載システムに対するサイバー攻撃対策が急務となっている。
今回DNPは、ICカードの製造・発行やソフトウエア開発、各種情報セキュリティ製品・サービスの開発で培った技術・ノウハウを活かし、車載システムや通信機器のセキュリティ性を高めるサービスの提供を開始する。

【不正改ざん防止クラッキング対策ソフトウエア「CrackProof」の自動車への活用】
「CrackProof」はDNPハイパーテック(DNP子会社)が開発したアプリケーションの不正改ざんを防止するクラッキング対策ソフトウエア。
自動車の電子制御化に伴い、制御システムにおけるアプリケーションのセキュリティ対策の重要性が高まっている。また、自動車がインターネットを介して連携するスマートフォンアプリや、車載情報端末(IVI:In-Vehicle Infotainment)アプリなども登場している。制御系のアプリケーションがクラッキングされると、自動車の制御データや車載コンピューター(ECU:Engine Control Unit)の仕様などの機密情報が漏えいし、悪用されるリスクがある。また、自動車に対するリモートコントロール機能を持ったスマートフォンアプリがクラッキングされることで、ドアの解錠などを不正に行われる危険性がある。これらのアプリケーションをCrackProofで強力に堅牢化することにより、被害を未然に防ぐことができる。

なおDNPは、2016年1月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第8回 オートモーティブ ワールド」内の「第4回 コネクティッド・カー EXPO」のDNPブースで「CrackProof」と「DNP Multi-Peer VPN」を紹介する。