全印工連 次期会長候補者に臼田真人氏を推薦
2015年12月16日
全日本印刷工業組合連合会(全印工連、島村博之会長)は、12月10日に常任役員候補者選考委員会(四橋英児委員長)を開催、次期会長候補者に臼田真人氏(東京工組・アドピア)を推薦することを全会一致で決定した。臼田会長候補者からは、副会長候補者として、大阪工組および愛知工組の理事長候補者と東京工組の副理事長候補者の合わせて3名を副会長候補者に、また、専務理事候補者は、東京工組の専務理事候補者を推薦したいとの意向が示され、承認された。その後に行われた第5回常任役員会に四橋委員長が選考委員会での決定事項を報告して承認を得た。今後は、三役候補者により、基本方針の策定、運営機構、事業計画の立案など、新年度に向けての準備を進めることになる。
なお、来年5月24日の通常総会および理事会で、臼田氏の会長就任を正式に決定する。