凸版印刷 ペーパーレス申込システムが「JALカード」の申込受付で採用
2015年11月17日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、金融機関の口座開設やクレジットカード、ポイントカードなどをペーパーレスで
申込受付できるシステム「SpeedEntry plus(スピードエントリープラス)」を開発、提供している。
 このたび、ジャルカード(東京都品川区、岡田祐二社長)が発行するクレジットカード「JALカード」の申込受付において、タブレット端末でのタッチペンによるデジタル申込システムの提供を、2015年11月11日に成田国際空港をはじめとして、順次全国の空港で開始する。

 従来、空港でJALカードを申し込むには、カード申込者が所定の申込書にその場で必要事項を記入して係員に手渡しするか、受け取った申込書に必要事項を記入して郵送するなど、その作業に時間と負荷がかかっていた。
 今回、ジャルカードは「SpeedEntry plus」を導入したことにより、カード申込者に対し、タブレット端末上のタッチペン操作による選択入力と、文字認識エンジンに対応した手書き文字入力を行うだけで、カード申込手続きがその場で完了。迷わずミスなく入力できるインタフェースと入力補助機能により、申込手続きを約10分に短縮できる。また、従来の手書きによる申込書では必要だった記入不備確認が不要なだけでなく、タブレット端末から顧客情報をジャルカードが管理する会員システムへ直接登録できるため、業務負荷も改善される。

■ 「SpeedEntry plus」が採用された、JALカード申込受付システムの特長
・申込手続きが空港で完結
タブレット端末への入力により申込受付が空港で完結。申し込みに必要な情報の手書き記入や、後日の郵送などといった申込者の負荷を軽減できる。
・申込にかかる手続きの負荷を軽減
「SpeedEntry plus」は凸版印刷のデザイン力と見やすさの知見を活かしたシステムで、誰にでも使いやすい画面デザインや申込者が迷わずミスなく入力できる画面遷移・入力インタフェースと、フリガナ予測変換などの入力負荷を軽減する機能により、約10分で申込手続きが完了できる。
・ペーパーレス申込により、事務効率負荷とコスト低減を実現
タブレット端末上のタッチペンによるデジタル入力のため、ジャルカードは入力不備の確認や郵送プロセス、エントリー業務を削減することができ、コストの低減を実現する。