ライフスケープマーケティング 「食MAP」のシニア層の食卓データ提供サービスを拡充
2015年11月13日
大日本印刷(DNP)の子会社のライフスケープマーケティング(LiSM)は、生活者の食卓の消費実態等のデータを収集・分析してマーケティングデータとして提供する「食MAP」において、10月以降、シニア層のデータ提供サービスを拡充していく。
今回、これまで20~64歳だったモニター対象者に65~69歳の人を追加し、調査世帯も360世帯から400世帯に増やす。これにより65~69歳のシニア層の食卓データの提供が可能となり、各企業は高齢者向け商品の開発などに活用できるようになる。
またDNPは、今回のシニア層データも活用して、流通企業の年間のMD(merchandising)計画からチラシ作成などのマーケティング・販促支援サービスを提供する。

【開発の背景と新サービスの概要】
少子・高齢化にともない、日本の65歳以上は3,296万人と、総人口の約25%を占めるまでになり(2014年 総務省統計局調べ)、今後もシニア層の増加が見込まれている。そのなかで、シニア層向け商品の開発を効果的に行うため、シニア層が実際の食卓で何をどのように食べているかなどのデータをマーケティングに活かしたいという、食品・飲料メーカーのニーズが高まっている。
「食MAP」では、誰が・どのような食品を購入し、いつ・どのように調理して食べるかという情報を日々収集しており、食卓のメニューや材料をマーケティング情報としてデータベース化している。商品開発などを行う際の判断材料や販売促進の資料として、多くの食品メーカーや流通企業に利用されており、高い評価を得ている。今回、65~69歳のモニターを追加し、シニア層の食卓データを活用できるサービスを10月に開始する。



現行 新サービス
調査地域 首都圏30Km圏内 首都圏30Km圏内
対象世帯 有配偶の2人以上世帯 有配偶の2人以上世帯
モニター対象年齢 20歳~64歳 20歳~69歳
世帯数        360世帯           400世帯

※モニターは、国勢調査の年代構成比に合わせている。