東印工組 次期理事長候補者に臼田真人副理事長を推薦
2015年11月09日
 東京都印刷工業組合(東印工組、島村博之理事長)は11月5日開催の次期常任理事候補者推薦委員会で、次期理事長候補者に臼田真人副理事長(港支部、アドピア社長)を推薦すると決定した。
 同日の理事会で、島村理事長は「厳しい状況下、いばらの道をしっかりリードしていく人、それは自分の持っている能力を発揮でき、それを惜しみなく周りに提供できる人物だと私は認識している。いろいろ考えた末、臼田さんが相応しいと推薦させて頂き、全会一致で賛同を頂いた」と述べるとともに、臼田副理事長が数々の事業を推進してきたことに対し、「全ての事業は組合の地位を上げたいから、組合員が元気になってもらいたいからという強い思いから始まった。自分の会社の業績向上と同じエネルギーを組合に注ぐという高い志に、私はずっと深い敬意を評している」と推薦理由を語った。
 来年5月12日開催の総代会で承認後、理事長に就任する。