凸版印刷と故宮博物院 故宮プロジェクト第4期5ケ年の共同研究契約を調印
2015年11月04日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)と、中国・故宮博物院(北京市、単霽翔院長)は、2000年より15年にわたり共同で進めてきた「故宮文化資産デジタル化応用研究(略称:故宮プロジェクト)」を2020年まで継続発展させる第4期故宮プロジェクトの調印を、2015年11月2日に故宮博物院内で実施した。
 調印者は、故宮博物院の院長である単霽翔(ぜん せいしょう)と、凸版印刷の代表取締役会長である足立直樹氏となる。
 今回、中国伝統建築における芸術性や技術力、また豊富な収蔵品などの文化的価値をより多くの人々に理解してもらうため、デジタル技術の活用に力を入れる故宮博物院と、文化財のデジタル化とその活用による文化財との新しい関わり方を提供したい凸版印刷が、第4期の継続を判断。このたびの調印となった。
 第4期故宮プロジェクトでは、複雑な質感や微細な工芸技法による文物のデジタル記録や、表示デバイスの高精細化や色域拡大を見据えたデジタル表現など、より先端的な技術開発をすすめ、共同研究20年の集大成として、新旧の成果を積極的に一般に向けて公開する。
 具体的には、故宮博物院が2015年10月より公開中の東華門区域での映像展示や、続く11月には、端門に開設予定の展示施設「デジタル故宮」に導入されるVR(バーチャルリアリティ)シアターでのVR作品『故宮VR《紫禁城・天子の宮殿》』シリーズの上映、スマートフォンやタブレット端末などのパーソナルデバイス向けのアプリケーション化などを計画している。
 今後も、貴重な古建築群や文物のデジタル化による研究/保護活用手法の開発や、それらのデータを元にしたVR作品などのデジタルコンテンツの一般公開を国内外で推進していく。