大日本印刷 ggg第351回企画展「字字字 大日本タイポ組合」11月4日から開催
2015年10月30日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の第351回企画展「字字字 大日本タイポ組合」を11月4日から28日まで開催する。
 1993年に秀親と塚田哲也によって結成され、日本語の五十音や漢字、英語のアルファベットなどを解体したり、組み合わせたり、再構築することによって、新しい文字の概念・可能性を探り続けている実験的タイポグラフィユニット・大日本タイポ組合。モジモジしながら文字と遊んで22年、文字と遊んで22年、文字と歩んで三千里の成果を一堂に集めて紹介する。

イベント
▽ギャラリーラ字オ「トークナイトダイニッポン」
毎週金曜(11月6日、13日、20日、27日)入場無料、出入り自由、18:30 ~20:00
 展示ギャラリー内にブースを設けて大日本タイポ組合のふたりがトーク、まるでラジオ番組のようにギャラリー内に放送される。内容は、展示作品についての解説や、ゲストを迎えてのトーク、来場者からの質問など。ギャラリー内を歩きながら、実際の作品を目の前にしながら、聴くことができる。

ワークショップ
▽「字―ユー銀座展」オリ字ナルトートバッグ
11月7日13:00~15:00
会場:DNP銀座ビル、要予約・先着30名、材料費1,000円
▽「字―ユー銀座展」オリ字ナルTシャツ工房
会場:DNP銀座ビル、要予約・先着10名、材料費2,000円
ワークショップ参加希望者は、gggホームページより申し込むこと。