リンテック ホワイトクラフト紙「撥水ラップ」11月2日から全国発売
2015年10月28日
リンテック(東京都板橋区、西尾弘之社長)では、高い撥水性を実現し、雨水などが浸透しにくいホワイトクラフト紙を開発。封筒や包装紙、ランチョンマット、地図といった幅広い用途でお使いいただける「撥水ラップ」として、11月2日から全国販売を開始する。
同社は、独自の抄紙技術を生かしたカラー封筒用紙やファンシーペーパー、高級印刷用紙、特殊機能紙など、多彩な製品を豊富にラインアップしている。
今回発売するのは、紙に特殊な薬剤を含浸することで、高い撥水性*を実現したホワイトクラフト紙「撥水ラップ」。水が浸透しにくいため、雨にぬれたり、水をこぼしてしまったりしやすい場所でも使用可能。
*JAPAN TAPPI紙パルプ試験方法No.68に準拠。撥水度R8(最高値:R10)を実現している。なお、数値は実測値であり、保証値ではない。

「撥水ラップ」は、従来の撥水紙では難しかったオフセット印刷やレーザープリンタでの印字にも対応。鉛筆やボールペンなどでの筆記適性も有している。また、封筒メーカーなどが製造ラインで一般的に使用するのりで製袋*可能なことも特徴。
ナチュラルな優しい手触りで、高級感のある風合いを実現しており、封筒や包装紙はもちろん、ランチョンマット、地図といった幅広い用途で使える。
*製袋:紙を封筒や紙袋などの袋状に加工すること。

特徴
•紙に特殊な薬剤を含浸することで、高い撥水性を実現したホワイトクラフト紙。
•従来の撥水紙では難しかったオフセット印刷やレーザープリンタでの印字にも対応。鉛筆やボールペンなどでの筆記適性も有している。
•封筒メーカーなどが製造ラインで一般的に使用するのりで製袋可能。
•ナチュラルな優しい手触りで、高級感のある風合いを実現。封筒や包装紙、ランチョンマット、地図といった幅広い用途で使える。
•※1 水性インクのボールペンやサインペン、万年筆を使用すると筆記線が薄くなる可能性がある。
•※2 水に長時間接している部分や大量の水に触れている場合は、撥水性能を発揮しない可能性がある。


撥水イメージ