凸版印刷 物流向け搬送容器管理システムが「コープ東北ドライ統合物流センター」で採用
2015年10月28日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、UHF帯RFIDを用いた物流向け搬送容器管理システムを開発。生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合(本部:宮城県仙台市、宮本弘理事長、以下 コープ東北サンネット事業連合)が2016年6月1日(水)に稼動する物流拠点「コープ東北ドライ統合物流センター」の搬送容器管理で、採用された。

 同システムは、凸版印刷が2006年より提供している循環資材管理パッケージソフト「NETLOOPASS」の機能をカスタマイズして開発したもの。具体的には、コープ東北サンネット事業連合が従来使用している折り畳みコンテナやカゴ車、カートラックなどの搬送容器にICタグラベルを貼付。容器の所在や在庫状況を、ネットワークを通じて把握できる。コープ東北サンネット事業連合は同システムを導入したことにより、搬送容器の輸送状況・所在が可視化され、滞留や紛失を防ぐ効率的な運用が可能になる。また、取り付け手法や場所、読み取り方法などを工夫することにより、素材や形状の違うすべての搬送容器に対し同一仕様の防水対応ICタグラベルの導入を実現。導入コストの削減と、管理対象となる搬送容器の範囲拡大に貢献した。

 なお同システムの運用にあたっては、「コープ東北ドライ統合物流センター」の運営委託事業者である丸和運輸機関(埼玉県吉川市、和佐見勝社長)が全体運営・管理を、東芝テック(東京都品川区、池田隆之社長)がICタグの印字・エンコード、ならびに周辺関連機器の販売・保守を行う。

■ コープ東北サンネット事業連合に採用された同システムの特長
・既存のパッケージシステムをカスタマイズ、導入負荷を軽減
凸版印刷が従来提供している循環資材管理システム「NETLOOPASS」をカスタマイズ、短期間・低コストでの導入を可能にした。
・すべての搬送容器に同一仕様のICタグラベルを導入
搬送器具ごとに取り付け方法や取り付け場所、読み取り方法などを工夫することによりすべての搬送容器に対し、同一仕様のICタグラベルの導入を実現。コスト削減だけでなく、導入負荷を軽減した。
・長距離・複数一括読み取りが可能
UHF帯ICタグのため、数mの距離からでも複数一括読み取りが可能。
・国際的な標準コード体系に準拠
将来的に他拠点との共同物流や他社管理品との混在運用を見据え、「EPCglobal GRAI」に準拠したコード体系を採用している。