唐招提寺と凸版印刷 デジタル絵巻コンテンツを10月21日から特別公開
2015年10月20日
律宗総本山 唐招提寺(奈良県奈良市、石田智圓長老、以下 唐招提寺)と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、唐招提寺の開祖、鑑真和上の半生を描いた延べ83メートルにも及ぶ重要文化財「東征伝絵巻」を完全デジタル化した。このデータを用いて、絵巻全5巻を一度に鑑賞することができるデジタル絵巻コンテンツ『東征伝絵巻 鑑真和上 辛苦の旅路と信念を描く』を製作。2015年10月21日(水)から11月3日(火)まで、唐招提寺新宝蔵にて特別公開する。
 今回、日本に仏教の戒律をもたらし、唐招提寺を建立した唐の名僧 鑑真和上の半生を描いた、同寺が所蔵する重要文化財「東征伝絵巻」(2004年から2010年に修復)を、凸版印刷が開発した文化財専用の大型オルソスキャナーを用いて高精細にデジタルアーカイブ化を実施しました。本スキャナーを用いることで、精確な色彩で歪みのない正射投影画像を取得できるため、97分割してアーカイブしたデータを正確につなぎ合わせることができる。この取得データを用いて、凸版印刷のVR(バーチャルリアリティ)技術を活用したデジタル絵巻コンテンツ『東征伝絵巻 鑑真和上 辛苦の旅路と信念を描く』を製作。絵巻をデジタルコンテンツ化することにより、通常の展示では難しかった絵巻全体を一度に鑑賞することができるだけでなく、場面を選択したり、拡大するなどして鑑賞できる。また、テキスト情報や地図情報などを重ねて表示することで、デジタルならではの絵巻鑑賞手法を提案する。

なお、同デジタルコンテンツ公開期間中には、同寺僧侶のナビゲートによる上演を予定している。