DNPハイパーテック  クラッキング対策ソフト「CrackProof for Android」をリリース
2015年10月16日
大日本印刷(DNP)の100%子会社のDNPハイパーテックは、モバイルゲームやモバイルバンキング等のアプリの不正改ざんを防止するクラッキング対策ソフト「CrackProof for Androidを開発・販売している。今回、スマートフォンやタブレット端末などでのシェア拡大が予測される「インテルAtomプロセッサー(CPU)を搭載したAndroid端末(以下: インテルAndroid)」に対応したCrackProof for Android(インテルAtom版)を開発、2015年11月1日より提供する。

スマートフォンやタブレット端末の性能向上に伴い、膨大な計算を要するCADや高精細なグラフィックのゲームなど、高機能なアプリが増えてきており、高速処理が必要なこれらのアプリでは、CPUに負荷をかけずにプログラム改ざん等を防ぐセキュリティソフトが求められている。CrackProof for Androidは、2010年の発売以来、有料サービスの課金をさせない“課金システムはずし”や不正コピー、ゲームで本来とは異なる動作をさせる“チート”など、横行するクラッキング被害からAndroidアプリを保護するとともに、アプリの動作速度を低下させないセキュリティソフトとして高い評価を得て、多くの金融機関や家電メーカ、ゲームメーカーなどに採用されている。従来は、ARM社が開発したARMプロセッサー(CPU)を搭載したAndroid端末向けアプリ(ARMネイティブアプリ)のみに対応していたが、今回の開発でインテルAndroid向けアプリ(インテルネイティブアプリ)にも対応を可能とした。またDNPハイパーテックは、2020年には500億台規模になるとされるIoTデバイス市場に向けても、インテルAtomプロセッサーに最適化したCrackProof for Android(インテルAtom版)を業界に先駆けて投入する。

【新バージョンの概要】
インテルAndroidへの対応により、アプリ本来のパフォーマンスを損なわずに、クラッキング対策となるセキュリティを確保する。今回バーションバップしたCrackProof for Android(インテルAtom版)は、今後も高機能化していくアプリの処理速度を低下させることなく、強力なセキュリティによる保護を実現していく。

【価格(税抜き)】
1アプリにつき年間利用料200万円~