光文堂・「Print Doors 2016」のポスターを発表
2015年10月16日
光文堂(讃岐秀昭社長)はこのほど、平成28年1月27(水)・28(木)の2日間、名古屋市中小企業振興会館で開催する第52回新春機材展「Print Doors 2016」のポスターを発表した。
 「原点、そして未来へ。70.80.90.100年」をキャッチコピーに、「まだ見ぬ未来の新しい生命」をメインビジュアルに表現。2016年に創業70周年を迎える同社では、この記念すべき年に「Print Doors」を次の80年、90年、100年に向けて全ての関係者とともに、さらに発展させていく願いを込めている。
 「まだ見ぬ未来の新しい生命」を表した、幻の生きものイメージしたメインビジュアルでは、小さな角をたずさえた女性、彼女は人間とも違う、動物とも違う、新しい生命体であり、まだ誰にも発見されていない可能性の源。次の80年、90年、100年に向けた未来の時間を体にまとい、未来の希望を示唆している。
 原点を軸に、さらなる挑戦を重ねて未来への扉を開けば見たことのない世界、聞いたことのない方法、体験したことのない成功にきっと出会えることをイメージしている。
 「Print Doors 2016」では、予定小間数を350小間とし、8000人の来場者を見込んでおり、10月30日(金)まで出展社を募集している。
 1小間の大きさと出品料は間口2・7m×奥行2・7m×高さ2・4m、9万5000円(税別)。
 問い合わせは同社「Print Doors 2016」事務局、電話052(331)4113まで。


Printdoors2016 ポスター