大日本印刷 モバイル決済サービスを追加するクラウドサービスを開始
2015年10月15日
大日本印刷(DNP)は、デジタルセキュリティ分野の世界的リーダーであるGemalto N.V.(以下:ジェムアルト)と業務提携し、NFC*搭載スマートフォン等にモバイル決済サービスの機能をネットワーク経由で追加するクラウドサービス「DNPスマートデバイス向けクラウドペイメントサービス」を、2016年春に開始する。
*NFC(Near Field Communication): 近距離無線通信技術の国際規格

近年、「FinTech」と表現されるFinance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた決済サービスが、大手ITベンダーなどによって世界中で次々と登場している。国内でも、政府が成長戦略のひとつとしてキャッシュレス決済の普及を掲げており、金融機関などが生活者の利便性を向上させる手段として、スマートフォンでクレジットや電子マネーの決済を行うサービスの導入などを進めている。
DNPは、決済サービスの導入企業に代わって、おサイフケータイ®やNFC対応スマートフォンに決済機能を追加するSP-TSM(Service Provider-Trusted Service Manager)サービスを2005年から提供している。また、2012年からは決済やポイントなどの複数のサービスをスマートフォンで一元管理するプラットフォームサービス「DNPモバイルWalletサービス」を提供し、企業のモバイル端末向け決済サービスの導入を支援してきた。今回DNPは、この取組みを強化するためジェムアルトの持つクラウドペイメントソリューションを採用し、クラウド環境でスマートフォン等のモバイル端末に決済サービスの機能を追加するサービスを開始する。DNPは、両社がデジタルセキュリティ分野で培ったノウハウを活用し、次世代型決済サービスを安全・安心かつ容易に導入できるよう企業を支援し、キャッシュレス市場の拡大に貢献していく。

【DNPスマートデバイス向けクラウドペイメントサービスの概要】
クレジットカード番号等のカード固有の情報をクラウド上で管理し、生活者のスマートフォンにクレジット決済やプリペイド決済、電子マネーといった決済機能を安全に追加するサービス。世界で多くの実績があるジェムアルトのクラウドペイメントソリューションを採用し、国内の企業に向けてサービスを構築、DNPのデータセンターから提供する。同サービスは決済機能だけでなく、ポイントサービスやクーポン、各種会員カード、IDカード等の機能の追加も可能。主な特長は以下の通り。
● マルチデバイス
iPhone ®、AndroidTM搭載スマートフォン等、多様なスマートデバイスに対応していく。また、今後普及が見込まれるウェアラブル端末などの新しいスマートデバイスへの対応も進めていく。
● マルチプラットフォーム
スマートフォンをICカードのように機能させるICチップ セキュアエレメントの実装方式は、通信会社やデバイスメーカーによって異なる。スマートフォンのSIMカード内に格納する「SIM型」のほか、セキュアエレメント専用チップをスマートフォンに内蔵する「eSE(embedded Secure Element)方式」、microSDカードを利用する方式がある。ほかに、セキュアエレメントを物理的にスマートフォンに搭載せずにクラウド上の機密データを使う「HCE(Host Card Emulation)型」、スマートフォン本体に搭載されているCPUのセキュリティ領域を利用する「TEE(Trusted Execution Environment)型」等がある。DNPの既存のSP-TSMサービスが対応していた「SIM型」に加え、今回ジェムアルトとの提携により、全ての方式に対応していく。
● マルチインターフェース
決済機能を利用する時のユーザーインターフェースとして、店頭の決済端末でスマートフォンのNFCや、ディスプレーに表示した二次元コードを読み取る方式などに対応している。また、インターネットでIDとパスワードで認証して決済する方式などにも対応しており、利用シーンやインフラ環境に合わせて最適なサービスを提供する。
● マルチブランド
VISA、MasterCard®、JCB、American Express等の国際ブランドの決済サービスに対応していく。決済サービス導入企業は、ブランドごとに対応する場合に比べて、開発や運用に関わる費用や作業の負荷を軽減できる。
● 「トークナイゼーション」に対応
決済サービスの安全性を高めるために、クレジットカード番号の一部をダミー番号(トークン)に置き換えてスマートフォンに格納する「トークナイゼーション」という技術が注目されている。同サービスは、この「トークナイゼーション」に対応しており、トークンを安全にスマートフォンに格納し、元のクレジットカード番号とトークンを関連付けてクラウド上で管理する。