大日本印刷 「金融国際情報技術展 FIT2015」でセキュリティソリューションなど紹介
2015年10月08日
大日本印刷(DNP)は、2015年10月15日(木)、16日(金)に東京国際フォーラムで開催される「金融国際情報技術展 FIT2015」(http://www.nikkin.co.jp/fit2015/)に出展する。
金融機関で求められるセキュリティや業務プロセス改善を支援するソリューションを多数展示するほか、16日(金)15:00-16:00には「標的型攻撃対策」についてのセミナーも行う。

【DNPブースの出展コンセプト】
スマートデバイスの進化やサイバー攻撃の増加、マイナンバー制度の開始など、金融業界を取り巻く環境は急激に変化している。DNPは金融機関のパートナーとして、「未来のあたりまえをつくる。いま、ここにあるイノベーション」をキーワードに、最新のセキュリティソリューションや業務支援ソリューションなどを数多く提案する。

【展示物】
展示ゾーン : セキュリティイノベーション
■CrackProof(クラックプルーフ)
スマートフォンやPCのアプリケーションに対して、高いセキュリティ機能を簡単に付加できる堅牢化ソリューション。アプリの改ざんや解析を阻止して、金融機関の重要情報の漏えいを防止する。
■DNP Multi-Peer VPN(Virtual Private Network)
既存ネットワークにVPNを容易に構築するソフトウエアベースのキット。ハブ&スポーク型とP2P型の両方に対応している。またクライアントは、iOS、Windows等、マルチOSに対応する。
■TAMETM Range(テイムレンジ)
サイバー攻撃の脅威に対抗できるレベルまでセキュリティ技術者の能力向上が見込める訓練システム。
■次世代認証サービス(参考出展)
機器認証機能を備えた本人認証クラウドシステム。ユーザーのスマートフォンを機器認証することで、簡単な操作で中間者攻撃に耐性のある本人認証を実現する。
■DNP不正送金対策ソリューション
インターネットバンキング利用者がサイトにアクセスしたタイミングで、MITB(Man in the Browser)攻撃によるWebコンテンツ改ざんをチェックする。改ざんの兆候があれば警告メッセージを表示して利用者に知らせる。
■DNPエンドポイントセキュリティソリューション
エンドポイント(PCやサーバー等)で標的型サイバー攻撃を止めるソリューションや、エンドポイントからの情報漏えいを防止するソリューションを紹介する。

展示ゾーン : ビジネスイノベーション
■DNP × 日本ユニシス 共創ビジネスと連携事例の紹介
ICT・業務基幹系分野のノウハウを持つ日本ユニシスと、エンドユーザに近い事業領域でのノウハウを持つDNPの連携によって実現した事例を紹介する。
■DNPマイナンバーWeb収集サービス
金融機関の契約者または企業の従業員、派遣社員等に対し、マイナンバーの収集をWebサイトから行うサービス。
■DNP本人確認マルチカードスキャナ/DNPカード裏面印字プリントシステム
マイナンバーカード配布時や口座開設時に必要となる本人確認を簡易かつ厳密に行うことが可能なシステム。セキュリティ向上と業務効率向上に大きく貢献する。

展示ゾーン : デジタルイノベーション
■DNP金融特化型ターゲティング広告配信サービス
金融商品に興味のあるユーザーに対して、スムーズに最適化配信を行える広告配信サービス。
■DNPカード即時発行サービス
DNP CDMS(Card Data Management Service)センターにてIC発行データを生成し、ネットワーク経由で配信。店頭に設置する小型発行機にてICキャッシュカードを即時発行するサービス。
■DNP販促ツール制作支援システム PROMAX NEO(プロマックスネオ)
帳票の制作・管理・公開をトータルにサポートする。「制作・改訂」「管理」「検索」「共有」機能により帳票運用業務のリスク削減および効率化を実現する。
■デジタルペン with iPad
iPad、Windowsタブレットにデジタルペンを連携させたシステム。紙の保管や交付が必要でタブレット端末だけでは要件が不足する業務をデジタルペンが補完し、業務効率の向上を実現する。
■DNPスマートデバイス商談・接客支援システム TapStyle Cloud(タップスタイルクラウド)
コンテンツをクラウドに格納し、タブレット端末やスマートフォン、PCで閲覧できます。営業支援や店頭接客など、さまざまなシーンで利用できる。
■決済連動マーケティング事業
国際ブランド加盟店でクレジットカードと同様に決済できる国際ブランドプリペイド/デビットカードの導入およびCLO(Card Linked Offer)サービスをトータルで支援する。
■DNPモバイルWalletサービス
次世代の決済+認証に対応したプラットフォームやデバイスを一元的に提供する。O2O(Online to Offline)サービスの提供による購買促進も実現する。
■DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ
スマートフォンのカメラで撮影した運転免許証等の本人確認用の画像データと、氏名・住所等の申込データを送信するだけで、口座開設の申込ができるアプリ。
■金融機関向けセキュア遠隔保守システム(参考出展)
生活者の機微な情報を取り扱う金融機関向けに、セキュリティ性に優れた通信環境を構築し、店舗に設置されている機器の遠隔保守を実現するシステム。

【セミナー】
セミナータイトル巧妙化する標的型攻撃の事例分析と最新の対策(セミナー番号 D-9)
日時 10月16日(金) 15:00-16:00
会場 FIT2015セミナー D会場
近年、特定の企業や団体に狙いを定め、関係者を装った巧みな偽メールを送りつけ、不正コード入り添付ファイルを開かせたり、偽サイトに誘導したりして端末をマルウェアに感染させる、いわゆる「標的型攻撃」が増加している。標的型攻撃に対しては、いくつかのセキュリティ製品やサービスを組み合せる「多層防御」が有効とされている。また、他社で発生した標的型攻撃の事例を分析し、同様の攻撃を受けた場合に自社が防御できるかどうかを検討することも有効。同セミナーでは、近年発生した標的型攻撃の事例の概要と情報漏えいの原因、そして講じておくべきであった対策について解説するとともに、標的型攻撃に対抗する最新ソリューションを紹介する。
※予約制。事前に金融国際情報技術展 FIT2015のWebサイトで申し込むこと。
http://www.nikkin.co.jp/fit2015/seminar.html