プリントパック 無料のデータチェックサービス
2015年10月06日
スケジュール管理も容易に
入稿と同時にデータチェック結果が

 印刷業界の業績向上を第一に考え、高品質な商品と業界最安価格を安定的に供給しているプリントパック(京都府向日市、木村進治社長)は、「IGAS2015」において、このほど開始した入稿と同時にデータチェックの結果が分かる「クイックデータチェックサービス」の詳細を発表した。
 同サービスは、Mac/Windowsともに対応し、Illustrator(AI/PDF)、Photoshop(PDF)、InDesign(PDF)、各種Microsoft Office系ソフトをはじめ、さまざまなアプリケーションで作成したデータをサポート。システム利用料は無料で気軽に活用できる。
 チラシや名刺などの1枚物と、カタログや冊子などのページ物のいずれにも対応しており、利用可能な商品一覧も含めた詳細はサービス紹介のWebページにて確認が可能(https://www.printpac.co.jp/contents/pdc/index.html)。
 なお、対応商品は随時の拡充が予定されている。
 同サービスは、注文カート内「制作環境の選択」画面の「データチェックの方法と結果確認方法についてご選択」の欄での申し込みが可能。選択肢としては「クイックデータチェックサービス」を利用せず、従来通りの入稿を行い、同社からメールでデータチェック結果の報告を受け取ることもできる。
 同サービスには早さ・簡単さ・便利さ・安心感などの面でメリットが大きいものとなっている。
 特に、直接的な利点となるのは早さや安心感で、万一データに問題があっても、問い合わせの手間を必要とせずに修正作業を行い、そのまま進行させられることは大きなポイントになる。
 また、その場で仕上がりを確認でき、入稿後の納期ずれの心配も無用。入稿完了と同時に納期が確定するため、仕事のスケジュールを組みやすくなる。
 さらに、同サービスには各種の修正機能が付帯されており、ページサイズ修正・塗り足しの作成・色変換(RGBからCMYK、特色からCMYK)・ページの回転・オーバープリント・埋め込まれていないフォントへの対応といった項目はシステム上での自動修正で行える。
 ユーザーは内容を確認して承認ボタンを押すだけで済むほか、手動修正項目としてページの回転・表裏入れ替え・1色変換にも対応。データの差し替えの操作も簡単に実行でき、その場合には先にアップロードしたファイルが全て破棄されて再びデータチェックが行われる。
 同サービスでは3Dビューで仕上がりを確認できることも注目されており、ページ物の媒体でタテ・ヨコを入れ替えた状態で確認したり、1枚物の表裏関係を確認したりできる。折り加工が含まれる媒体で、折りの状態を視覚的に確認できる。
 確認用画像は、仕上がり見本(PDF)としてダウンロードが可能。確認用データには″SAMPLE″の透かしが入るため、印刷用データとしては利用できないが、必要な場合にはプリントアウトしてクライアント向けの仕上がりサンプルとしても活用できる。
 仕上がりに問題がなければ、アップロードしたデータをそのまま入稿。デザイン完成から印刷までのスムーズなワークフローを実現できる優れたサービスとなっている。


新たなサービスに注目する来場者

(印刷タイムス 2015年9月20日号掲載)