モリサワ・コーポレートサイトを全面リニューアル
2015年10月01日
 モリサワ(森澤彰彦社長)は10月1日、コーポレートサイトを全面的に刷新した。
 新しいサイトは、すべてのページで「TypeSquare」によるWebフォントを採用し、可読性に優れたUD書体でサイトを見ることができる。
 メニューの分類も一新し、目的に応じたページにたどり着きやすい操作性をPCはもちろん、タブレットやスマートフォンでも実現している。
 Webフォントを用いることで、見出しなどの文字情報を画像化する手間を省き、多様なデバイスへの効率的な情報発信を実現するだけでなく、閲覧時にはテキストが簡単に参照できるようになり、検索性や音声読上げといったアクセシビリティの向上にも貢献している。
 特徴は次の通り。
 ■新しいトップページ(PCでの閲覧)
 トップページでは印象的なビジュアルで、その時々のトレンドを伝えている。
 ■製品ページ(スマートフォンでの閲覧)
 本文書体に、通常より文字幅の狭い「UD新ゴ コンデンス」を採用することで、小さな画面でもスムーズに閲覧できる。
 ●文字の手帖「フォント用語集」
 各種製品・サービスを利用するうえで役立つ情報を提供する。