共同印刷グループ 漢検公式アプリ「漢検ラーニング」を開発
2015年09月28日
共同印刷グループは、スマートフォンやタブレット端末で手軽に学習できるアプリケーション(以下アプリ)「漢検ラーニング」を開発した。 9月 28日より iOS版および Android版の販売を開始する。
「漢検ラーニング」は、共同印刷株式会社(東京都文京区、藤森康彰社長)が公益財団法人日本漢字能力検定協会(京都市下京区、代表理事理事長:久保浩史氏、以下漢検協会)と提携して開発し、共同印刷西日本(大阪市中央区、岡田正明社長)が流通・販売体制を構築した。
「漢検ラーニング」は、日本漢字能力検定(以下、漢検)の公式アプリで、漢検 7級~ 1級に対応している。共同印刷が漢
検協会から、平成 24年度に改定した新審査基準に対応、かつ実際に出題された検定問題の提供を受けてシステムを開発し、共同印刷西日本がアプリの流通・販売体制を構築した。
漢検ラーニングは、 ACCESSの EPUB3対応のビューア「 PUBLUSRReader(パブラスリーダー )」をベースに開発した。画面表示は縦書きで、実際の検定問題と同じモトヤ KK教科書体を使用している。画面に文字を書きながら問題が解ける手書き&消しゴム機能のほか、問題をタップするだけで同画面内に標準解答を表示する機能、学習履歴を記録して正解率や進捗率をグラフ表示する機能など、正しい漢字を手軽に学べる仕組みを搭載した。「漢検 3級の四字熟語」など必要なカテゴリの問題のみを 120円からの低価格で購入できる。購入した問題は「 Web本棚」に収納され、会員登録・ログインにより複数端末で共有することも可能。
漢検ラーニングは、電子書籍形式で好きな箇所から学習を開始・終了でき、個人のペースや習熟度、強化ポイントに合わせて効率よく学習できる、検定対策に最適なアプリ。同グループは、この「漢検ラーニング」を足がかりに教育分野のソリューションメニュー充実を図り、受注拡大に取り組んでいく。

【漢検ラーニング特長】
①漢検の公式アプリ。漢検 7級から 1級までの 1年間の検定問題を網羅
②EPUB3を採用。電子書籍形式で、好きな箇所から学習を開始・終了することが可能
③画面は実際の検定問題と同じ書体・縦書きで表示。検定対策に最適
④画面に文字を書きながら問題が解ける手書き入力機能
⑤問題をタップすると、同画面内に標準解答を表示
⑥学習履歴を記録し、正解率や進捗率を表示する「学習履歴管理画面」を搭載
⑦気になるページに差し込める「しおり」機能を搭載
⑧欲しい問題だけを 120円から購入可能※7級~ 2級の各1回分の問題は無料で利用可能
⑨購入した問題は「 Web本棚」に収納。会員登録・ログインで、複数端末での共有が可能